片思いは一方通行……そう思っているのは、あなただけかも?

片思いにはいろんなカタチがあるもの。

なかには、「自分から好きになった!」と思っていても、実は相手から「好きにさせられている」ケースもあります。

もしかしたら今のあなたは、男性から「好きにさせられている」のかもしれません!

なにかしらの関わり合いがすでにあって、顔を合わせたり、話をしたりする間柄なら、そういう可能性も十分にありえるのです。

そこで今回は、男性から「好きにさせられている」片思いのしくみをご紹介します。

それ、本当に「片思い」?実は男性から「好きにさせられている」恋愛パターン

男性は見た目で「恋愛対象かどうか」を決める

男性は、「見た目」から恋を始める生き物。

女性の場合は、相手の性格の良さや優しさなど、「内面」を重視することも多いですが、男性の場合、パッと見た印象で「恋愛対象になるかどうか」を本能的に決めてしまいます。

そのため、「そもそも好意を抱かない女性を、あとから好きになる」ということが、ほとんどないのです。

すなわち、最初にナシと思ったなら、永遠にナシである可能性が高いということ。

逆に、あなたに対して好意がありそうな男性は、第一印象のときからすでにあなたを「恋愛対象」としてみていたということです。

いいな、と感じるからこそ、数秒でもじっと見つめてみたり、笑顔で挨拶したり、なにかと声をかけてくれたりするのでしょう。

恋愛対象外の女性には、思わせぶりなことをしない

男性は、最初にナシと思ったら、その判断をめったにくつがえしません。

だからこそ男性は、好きでもない相手に誤解を与えるようなことはめったにしないのです。

人並みに恋愛を経験しているなら、どうすれば相手に気を持たせられるかが、わかるはず。

なんとも思っていない女性に対して、男性が過剰な優しさ、笑顔、親しみを見せることは、基本的にないのです。

やっぱり、対象外の女性に好かれても困るだけですからね……。

逆に、好意的な態度を見せてくる男性は、少なからず「その気がある」ということでしょう。

恋愛経験が豊富な男性は、あえて意味ありげな言動を示して、女性の心を揺さぶってくるはずです。

また、それほど恋愛上手ではないとしても、好きだと思う女性のことを、男性は知らず知らずのうちに意識してしまうもの。

潜在意識のレベルで「好き」という気持ちを示していて、ほかの女性には見せない表情・行動を必ず見せているでしょう。

恋愛対象外の女性には、「NO」をはっきり示す

男性の恋愛感情は、女性とはちょっと違っていて、「この女性を抱きたい」という衝動が発端になっていることが多いです。

性的な衝動が恋心のもと、と言っても、あながち間違いではないかもしれません。

なので、男性は興味のない女性には、「恋をするスキ」をほとんど与えないもの。

たとえば、女性が一目惚れをするなどして一方的に好きになっても、男性がその気でない場合は、「NO」という気持ちがうかがいしれる場面が必ずやってきます。

また、女性に示す好意が恋愛感情ではなく、人間として好感を抱いているだけとか、仕事上のつながりで良い顔を見せているだけという勘違いケースであっても、「違った!」とハッとさせられる展開が絶対にあるのです。

そうした決定的な展開がないのなら、脈アリだと思っていいでしょう。

「好きにさせられている」状態とは

一目惚れをのぞけば、女性の恋の仕方は「何度か会って話をするなかで、徐々に恋心が芽生える」というケースがほとんどです。

そのため、あなたのことを最初から「恋愛対象」としてとらえ、無意識のうちに好意を示す男性と接していれば、当然「この人って、いい人だな」と感じるようになるでしょう。

そう、これこそが、男性に「好きにさせられている」状態なのです!

女性は自分が一人で片想いをしていると自覚するかもしれませんが、実は、男性が見せる好意に影響されるかたちで恋をしていると言えるのです。

両思いはすぐそこかも!

男性から「好きにさせられている」片思いなら、実際のところ両思い。

お互いに積極的に歩み寄って気持ちを交わせば、すんなり交際が始まるでしょう。

「アプローチして引かれたらどうしよう……?」「いい感じだと思っているのは、私だけだったりして?」と、不安に感じてしまっても、ちょっと勇気を出して行動を起こしてみてください。

意外なほど簡単に、片思いの男性と恋人同士になれるかもしれませんよ!

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)