「守ってあげたい」という気持ちが、次第に好意へと変わることもあります。

意中の彼の気持ちを惹きたいのなら、守りたくなるような女性になるのも一手です。

そこで今回は、男性が守ってあげたいと思う女性の特徴を紹介します。

男性の恋心を刺激する「守ってあげたい」と思う女性の特徴とは?

おっとり系でゆっくりしゃべる

「おっとりしていて、ゆっくりしゃべる子って、なんか弱い感じが漂っているから守ってあげたくなる」(30代・IT)

落ち着きがあって、喋り方もゆっくりしている人は、男性にとって女性らしい印象が強く残るようです。

男性が本能的に守ってあげたくなるのは、強気で怖い女性ではなく、どこか頼りない雰囲気のあるゆるふわ系の女性のようです。

頼ってほめてくれる

「ちょいちょい頼ってくれて、『ありがとう。〇〇くんって、なんでもできるよね!』と褒めてもらえるだけで、男としての自信がつく」(30代・営業)

ヘビーなお願い事は好ましくありませんが、ライトなお願いをして頼るのは、男性の自尊心をくすぐるので◎です。

しかも、お礼の言葉だけでなく、ほめ言葉も添えることで、男性のハートに火をつけることができるようです。

さりげなく使えるほめ言葉のストックを考えておくといいかもしれません。

ちょっと天然

「しっかりした賢い女性も好きだけど、守りたいと思うのは天然な女性。
一緒にいると『俺がしっかりしなきゃ』って責任感が強くなる」(20代・コンサルタント)

天然の程度にもよりますが、たまに天然ボケな一面をみせる女性って可愛らしいですよね。

その「ちょっと抜けてる感じ」が、男性の「守ってあげたい」という気持ちをくすぐるのかも。

全てをひとりで背負わずに、彼を頼ってみるのも手かもしれません。

普段しっかりしている人の弱いな一面

「普段しっかしている人の弱い一面ってキュンとするし、できる限り支えてあげたくなる」(30代・不動産)

普段しっかりしている人がみせる弱い一面は、どこか親近感が湧き、「助けてあげたい」と手を差し伸べたくなるもの。

好きな人の前では完璧な自分ではなく、弱い部分も見せていいんですよ。

悩み相談や、仕事の仕方を聞いてみるなど、「意見を聞かせて欲しい」と話しかけてみるのもよさそうです。

時には演技もOK?

彼の気持ちを惹くために、男性のヒーロー願望をくすぐることを意識してみるのもコツです。

少しだけ演技をするのもありです。

「守ってあげたい」と思わせたほうが、付き合ってからもしっかりした彼氏になりますよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)