人に喜ばれたり褒められたりすると、「またしてあげよう」と思うもの。

今回紹介するのはただひとつです。あなたがうれしいと思うことを「ただ伝える」だけ。

それだけで愛が深まるのはどうしてなのかについて、心理士である筆者がご紹介していきます!

「うれしい」を伝えるだけ?好きな人との愛が深まるテクニック

他の人について話題に出す

もし相手が食事の用意をしてくれたとき。「ありがとう」と感謝しながら「〇〇さんの彼は絶対そんなことしてくれないらしいよ」と話題に出してみてください。

競争心が強いのが男性の傾向。他の男性より秀でていると言われたら、うれしくなってしまいます。もしかしたら「これからも続けよう」と思ってくれるかも。

ただし頻繁にこの作戦を使うと、「比較ばかりしている」と思われてしまうので、注意しましょうね。

良いと思ったことを話す

やってほしいことをしてくれたとか、続けてほしいことをやってくれたとき。そんなときには必ず、喜びながら感謝します。

「そんなことか」と思うかもしれません。でも、これは案外見落としがちなことなんですよ。

例えば、「いまから帰る」と相手が連絡をくれたとしますよね。

「ハイハイ、分かったよ」とスルーしがちなこの一言。でも帰ってきてから「連絡ありがとう。おかげでご飯をちょうどよく作れたよ」と伝えてみたらどうでしょうか?

その「連絡」は、あなたにとって「良かった」ことである。その事実が、相手にも伝わるはずです。

このようにささいなことを伝えるのは、お互いにとってメリットしかありません。「伝える機会」を作ることが何よりも大切なのです。

好きな点を素直に伝える

そんなに良くなくても、自分にとって「心地よく感じること」ってありますよね。このときは無理に褒めようとすると嫌味らしくなるので、「そういうところが好きだよ」と伝えるのが効果的。

たとえば、世間では服を脱ぎっぱなしにする人に対しては、風当たりが強いですよね。しかし、几帳面すぎるのも嫌と思う方も多いはず。

もしあなたが「適当なくらいがいい」と思っているのなら、「私も楽でいられる。だからそういうところが好き」と伝えられます。

あなた視点で相手を評価でき、さらに「器の大きさ」を感じてもらえます。まさに一石二鳥の作戦となるはずですよ。

相手の良いところをどんどん伝えよう

相手がしてくれたことをあなたが喜んでいる。それならそれを伝えない理由はありませんよね。

良いところをどんどん伝えれば、それは双方にとって幸せのきっかけとなるはずですよ!

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)