好きな女性からLINEが来ると、男性は嬉しく感じるものです。

でも、恋愛対象になりたいなら、少し思わせぶりな言葉も必要かもしれません。

そこで今回は、男性が嫌でも恋愛対象として意識してしまう、“思わせぶりLINE”の作り方をご紹介します。

恋を意識させたい男性がいるなら、ぜひこの記事をチェックしてみてくださいね。

嫌でも意識しちゃう……絶対使える「思わせぶりLINE」

実は褒めてもらいたかったんだ~

「ほんと?嬉しい~!実は○○くんに褒めてもらいたかったんだよね~!」

「みんな『可愛い』って言ってくれたけど、○○くんから褒められるのが一番嬉しいかも!」

意中の男性から褒めてもらったら、こんなLINEを送ってみませんか?

彼と会った日の帰宅後に「今日新しい○○つけてみたんだけど、どうだった?」とアピールしてもいいですし、彼のほうから気づいてくれたときにも使えます。

単に「うれしい~!ありがと!」よりも、彼に褒められたのが特別嬉しいという気持ちを伝えることで、相手に恋を意識させられるはずです。

○○くんだけだよ~

「心配してくれてありがとう!そこまで親身になってくれるの、○○くんだけだよ!」

「あ、わかった? 気づいてくれたの、○○くんだけだよ!」

意中の男性が心配してくれたり、さりげなく褒めてくれたりしたときに使える言い回しです。

他の人にも同じことを言われたとしても、「1番最初に気付いてくれたのは~」や、「そこを褒めてくれたのは○○くんだけ」といったセリフでも恋を意識させられるかもしれませんね。

“特別感”を強調できれば、ふたりの間に特別な雰囲気を作りだせやすくなりますよ!

○○くんだから言うけど

「○○くんだから言うけど……」

「こういうこと相談できるの、○○くんだけだよ」

このような伝え方をすれば、相手を信頼していることをアピールできます。

内緒話や愚痴、悩み相談などのときに使えるでしょう。

ただし、誰かの悪口・陰口は絶対にNG。

裏で人のことを悪く言う女性だと思われると、一気に恋愛対象外になってしまう恐れもあります。

対人関係の悩みなら、相手の悪いところを愚痴るのではなく、「○○さんの~なところがちょっと苦手で……」と、柔らかく伝えることで、好印象をキープできるはずです。

そういうところ好きだよ

「あ!いいね~!○○くんのそういうところ好き!」

「緊張しすぎるのってツラいよね。でも、いつも慎重で丁寧だから、私はそんなところ、好きだな~」

相手の長所を褒めたり、反対に相手のコンプレックスをフォローしたりするときに。

単なるお世辞ではなく、「私は好き」という表現にすることで、人間味のある優しさを伝えることができます。

また、「好き」という言葉があれば、恋愛の雰囲気にまだなっていなくても、「もしかすると……」と相手に期待させるでしょう。

好意を前向きに伝える工夫を!

嬉しいとき、相手を褒めてあげたいときに、あえてLINEを使うのは良い方法です。

せっかくなので、そのLINEメッセージに、一歩踏み込んで好意を伝えてみましょう。

きっと、「えっ……、コレってもしかして、そういう意味?」と、意識させることができるはずです!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)