彼の本命かどうか、見極めるのって難しいですよね。

そこで、ほかの子にもしてるかもしれないけれど、中でも「本命女子にはほぼ100%すること」をリサーチしてみました!

つまり“これだけでは彼の本命とは言い切れないけれど、これをされていないと脈は極めて低い”ってこと。

でもそれって一体どんな言動なのでしょうか? 

見極めの参考にして!男性が本命女子にはほぼ100%すること

1、デート後には毎回LINEを送る

「好きな子とデートしたら、必ず『家着いた?』『今日はありがとう』ってLINEします。逆にどうでもいい子だったら何も送らない。

たとえば元カノとは遊ぶけど、期待を持たせたくないのであえて必要以上のLINEは送らないようにしています」(27歳/商社)

好きな子が無事帰れたのかは気になるところ。そのためデート終わりは必ずLINEするとの声が。

反対に、突然呼び出してきたくせにデート後は音沙汰なし……では、都合のいい女扱いされている可能性大。

とくに元カレの場合、イチャイチャはしたがるけれど、マメな連絡は嫌がるケースが多いようです。

2、体調や仕事の心配をする

「こんなご時世だし、本命女子の体調や仕事は心配ですよね。頻繁に『最近仕事どう?』『元気にしている?』って聞きます。

それで悩みがあるようだったら、率先して聞き役に徹する。間違ってもウザったいお説教はしません」(28歳/編集)

多くのひとが不安や悩みを抱えていますよね。だから本命女子の味方になりたいと考えているみたい。

ちなみに気遣いだけじゃなく、LINEや電話で話を聞いてあげるまでがセット。

少しでもあなたの負担を減らしたい、と思っているようですよ。

3、「帰りたい」と言ったら応じてくれる

「本命女子から『明日、朝早いから帰りたい』って言われたら、当たり前ですが意見を尊重します。

でもそれ以外の子には『ちょっとくらいいいじゃん!』『だったらうち来る?』とか言っちゃうかも……」(30歳/食品)

自分の意見を押しつけて、本命女子に嫌われるのだけは避けたいもの。

そのため帰宅時間は本命女子に合わせるよう。「本当はもう少し一緒にいたいな」と思っても我慢するんだとか。

一方でそれ以外の女子には自分の欲が優先で、相手がどう思おうと構わない……なんて男性もいるみたい。

優しさは脈アリのバロメーター

もちろん紳士的な男性は、本命以外にもこのような言動をとってくれるでしょう。

でも優しさが一切なく、常に上記とは真逆の男性は要注意。

そもそも好意がない、もしくはあなたを利用しようとしている可能性があります。

「彼と付き合っても、うまくいきそうにないな……」と察したら、一度彼から離れることも大切かもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)