彼とはなんとなくつながっているけれど、「これってただの友達なのかな?」「それとも少しは期待していいの?」と不安になることってありませんか?

下手にアプローチをして引かれたら恥ずかしいし、かといってこのまま友達でいるのも切ないでしょう。

そこで今回は、「彼の行動から見えてくる『本命脈アリポイント』」についてご紹介します。

ぜひ、気になる彼の言動と照らし合わせてくださいね。

これって両思い?彼の行動から見えてくる「本命脈アリポイント」3つ

1.デートの予定を立てる

「予定を立てるのって地味に面倒くさい。自分から誘った場合、相手を楽しませなきゃってハードルも上がるしね。だから男のほうから予定を立てるって、結構脈アリだと思う」(30歳/IT)

場面行動ではなく予定を立てるのは、それだけ本命の女性を楽しませたいからといえそう。

そもそもふたりで行きたい場所を探している時点で、労力がかかっています。

彼の愛情を感じますよね。

2.ほかの男性に嫉妬する

「万が一『紹介して』なんて言われたらイヤなので、自分からほかの男の話はしないですね。もし本命の子が異性の話をしてきたらやっぱり面白くない。

適当に相槌を打つか、『そいつイケメンなの?』と嫉妬めいたこと言っちゃうかも」(23歳/営業)

せっかく本命の女性とデートしているのに、ほかの男性の話で凹むのだけは避けたいところ。

そのため異性ネタは無意識に避けているようです。

たまに嫉妬させるためにイジワルで女性の話をする人もいますが、そこまでネチネチは引っ張らないみたい。

デート中の会話ネタから脈アリ度が見えてきそうですね。

3.頻繁にSNSで絡んでくる

「好きな子のTwitterやインスタはこまめにチェックしていますね。いいねもするし、場合によってはコメントも残します。

でも直接LINEするのってハードルが高いんですよね……。なので俺のアプローチはこれが限界です」(20歳/大学生)

直接話しかけるのはもちろん、用がないのにLINEを送るのって躊躇するもの。

もし既読スルーされたらと思うと、勇気が出ない気持ちもわかりますよね。

そんな彼らにとって、唯一のアプローチ方法はインスタやTwitterなんだそう。

よくいいねやコメントをしてくるのは、あなたが気になっているからかもしれません。

SNSでの絡みが多いのなら、女性側からLINEを送ってもよさそうですね。

脈アリは意外と態度に出てる!

消極的な男性ほど、好意を言葉にして伝えるのが苦手です。

でもそのかわり、イヤなことは態度で示したり、SNSから距離を縮めたりと、自分のできる方法でアプローチをしているようです。

つい流しがちなさりげない言動が多いですが、ぜひ彼の脈アリサインを見逃さないようにしたいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)