男性に「今の彼女と付き合ったきっかけは?」と聞くと、「そもそも、最初からいいと思ってた」という声が多数聞かれました。

初対面で「いいな」と思われると、そのあと恋に進展し、両思いになる確率が高くなります。

好きなタイプのストライクゾーンに入るには、一体どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、男性のチェックポイントについて、実際に聞いてきました。

こんな女性は愛される!初対面で恋愛対象と判断されるポイント

じぶんと似ている点が多そう

「避けているわけではないけど、自分とかけ離れたタイプの子を好きになったことがない。
自分が会社員なせいもあって、コンサバな女性に目がいきます。

例えば、美容師さんとかショップの店員さんとか、話す機会がないわけじゃないけど、付き合うこと自体が想像できないかな」(28歳・男性)

社会人になると、「自分と違いすぎるタイプの女子と付き合うことが想像できない」なんて保守的になる男性も。

生活スタイルが違いそう、話が合わなそうなどと感じると、関心が薄くなる場合もあります。

あくまで初対面での印象なので、絶対に付き合えないわけではありません。

もしもあなたの好みの男性のタイプがはっきりしている場合は、彼らの隣にいそうな女子をイメージしてみるといいかも。

見た目がタイプ

「なんだかんだ言って好きな顔やスタイルの子は、やっぱりパッと見た瞬間にいいな!と思う。
いつも美人と付き合ってるわけじゃないし、なんとも思ってなかった友達から彼女になった子もいるけど、初対面で気になるのはやっぱりかわいい子だな」(24歳・男性)

男性は、出会った女子を恋愛対象か、そうではないか、一瞬で判断するといいます。

そんな時に強いのは、やっぱり見た目が好みの女子なのだそう。ただ、そのストライクゾーンは結構広く、一説には7割ほどの女子を恋愛対象としてカウントするともいわれています。

「はじめはぴんと来なかったけど、今は大好き」なんてカップルもいますが、見た目が彼のタイプであれば、損することはないでしょう。

清潔感がある

「顔だけ見たらきれいな子って、実はけっこういるけど、清潔感がないと美人に見えないし、男として『いいかも』と思うことがない。
パサパサの髪や、肌荒れしてるのに露出が高い、触りたくないって思ってしまううタイプは恋愛対象外です」(30歳・男性)

「顔の可愛さが大事」と思いきや、「触りたい」欲を刺激しない女性は微妙、なのだとか。

服のしわ、バッグや靴のへたりはもちろん、肌や髪のお手入れ不足も「ないかな」と思われてしまう原因です。

逆に、そんなにタイプじゃなくても「なんか、いい匂いがしそう」と思ってしまう清潔感にあふれる女性は「いいな」と気になってしまうようです。

付き合っても人間関係に影響がない

「いくら見た目が好みでも、付き合うことが想像できない関係ってありますよね。
友達の彼女とか、自分の上司とか。逆に、紹介とか趣味つながりとか、はたまた合コンとか、人間関係に縛りがないと『付き合ったらどうなるかな?』と妄想することも」(27歳・男性)

社会人男性は、「可愛ければだれでもいいし、細かいことは気にしない」というタイプは少数派。

「付き合っても周囲の人間関係に影響がない」「相手も恋愛モードで、冷たくされる可能性が少ない」ことも、恋愛対象としてカウントする条件になるみたいです。

また、「結婚も視野に入れてしまうのでどうしても慎重になる」という声もありました。

男性は付き合った後の2人の想像をしてしまう

「好みの顔の女子が好き!」という理由だけでなく、「付き合った後のことをなんとなく想像してしまう」といった回答もありました。

そこでいかにポジティブなイメージを持たせられるかが、恋愛対象入りのポイントでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)