同じ職場で働いていると、一緒にいる時間も長いので好意が芽生えやすくもあるでしょう。

そういった気になる女性に対しては、男性はほかの女性たちとは異なる言動を見せるものです。

そこで今回は、職場男性が「好意のある女性」に見せる言動を紹介します。

社内恋愛のきっかけ!職場男性が「好意のある女性」に見せる言動

「一緒の仕事」をしたがる

「公私混同がよくないのはわかっているけど、好きな女性とはできれば一緒に仕事がしたいです。

同じチームとかになりたいなって、いつも思っちゃいます」(27歳/男性/WEB制作)

気になる職場の女性に対しては、「同じプロジェクトを担当したい」とか「一緒のチームで仕事をしたい」といった思いを抱くもの。

一緒に仕事をすると、毎日のように長い時間をともにすることにもなるので、グッと距離感は縮まります。

それがわかっているからこそ、なんでもいいから共同作業をしたいという気持ちが湧き起こるのでしょう。

仕事を「教えたがる」

「好みのタイプの新人の女性がいて、その女性にはたくさん仕事を教えてあげました。デキる人だなって思ってもらいたかったんですよね」(31歳/男性/インストラクター)

仕事に関する色んなことを教えてくれる男性は、あなたにいいところを見せたいのかも。

頼んだわけでもないのに、男性のほうから率先してアドバイスをくれるのなら、好意を抱いている可能性はさらに高まるでしょう。

あなたもその男性に好意を持っている場合は、きちんとお礼を伝えて、適度に頼るようにすると、関係性はどんどん深まっていきますよ。

一番に「手を差し伸べる」

「好きな女性が困っていたら、とにかくすぐに手を貸してあげます。できることならなんでもしてあげようという気持ちになっちゃいますね」(30歳/男性/エンジニア)

好きな女性が悩んでいたり迷ったりしていたら、男性は「なんとかして力になりたい」と思うでしょう。

そして同時に、ほかの男性たちよりも先に自分が救ってあげたいという気持ちも芽生えるはず。

困っているときに、いつもサッと手を差し伸べてくれる男性は、本当にあなたのことを気にかけて心配してくれている人ですよ。

「仕事の話」を口実にLINEを送る

「仕事の話をするフリをしてLINEを送ることはよくあるかも。それしかLINEで会話をするきっかけが見つけられないんですよね…」(33歳/男性/商社)

好きな女性とLINEで会話をしたいがために、なんとかして口実を作ろうとするのはよくあること。

最初だけちょこっと仕事の話をして、そのあとはずっとプライベートな話をするようなLINEのやり取りをよくしてくる男性は、本当はあなたと普通に会話がしたいだけなのでしょう。

あなたのほうからもLINEを送ってあげるようにすると、男性も次第に口実なしでLINEを送れるようになりますよ。

嫌ではないなら反応してみて

デキる自分やかっこいい自分を見せようとしてくる男性は、やっぱりあなたのことを意識はしているのでしょう。

嫌ではないのなら、ちゃんと反応を示してあげると、社内恋愛が始まるきっかけがつかめるかもしれませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)