好きな男性から連絡が来なくなってしまったら、「どうして?」と不安はとても大きくなるでしょう。

ただ、そこにはやはりなにか理由があるはずなので、男性の心理を知ることが大切です。

そこで今回は、好きな男性から「連絡が来なくなる」理由を紹介します。

どうしてなの?好きな男性から「連絡が来なくなる」理由

「進展しない」と感じた

「関係性が進展していく感じがしないと、次第に気持ちも薄れていってしまいます。次にいったほうがいいのかもなって思っちゃいますしね」(28歳/男性/WEBディレクター)

「脈ナシかもな」と感じることが多いと、男性は諦めモードになっていくでしょう。

好意を感じられなかったり、会話が盛り上がらなかったり、どこかよそよそしい感じがしたり……。

好きな男性とLINEをしているときは緊張するものでしょうが、そんな風にいつまでも堅苦しい雰囲気のままでいると、いずれ連絡が途絶えてしまいますよ。

「様子」を見ている

「いつも俺からばっかりLINEをしているときとかは、一旦送るのをやめてみることもあるかも。向こうからもLINEしてほしいじゃないですか」(31歳/男性/営業)

あえて連絡を控えて焦らしてみるというのは、駆け引きのテクニックのひとつ。

急に男性から連絡が来なくなった場合は、ちょっと焦らしてみて、あなたがどういう反応を示すのか、様子を見ているパターンもあるでしょう。

あなたからLINEを送ることが少ないのなら、なんでもいいからメッセージを送ってあげると、またやり取りを再開してくれるかもしれませんよ。

「毎日はきつい」と思っている

「毎日のようにLINEをするのは、俺には絶対に無理ですね。ガンガン送られてきても、申し訳ないけど無視しちゃうこともあります」(33歳/男性/広告代理店)

好きな男性に対しては、「常にLINEをしていたい」とか「なにをしているか気になる」という思いが強くなるはず。

だからといって、毎日のようにLINEを送りまくると、「さすがにきつい」と感じる男性は多いでしょう。

そういったときには、返信をせずに少し距離を置こうという考えにもなるので、連絡過多になっていないかは、ちゃんと自分で冷静にチェックしないとダメですよ。

「忙しい状況」になった

「仕事が忙しくなってくると、LINEをしたくてもできなくなってしまう。帰宅してから送ろうと思ってても、疲れすぎて寝ちゃったりとか…」(31歳/男性/金融関係)

男性が急に連絡をしてくれなくなる理由でもっとも多いのが、それどころではないというもの。

仕事が忙しくなったり、プライベートが大変な状況になったりすると、LINEを送ることなどは後回しになってしまうはずです。

そういったときにしつこく連絡をするのは邪魔にしかならないので、相手の状況も考慮してちょっと我慢をすることも大切ですよ。

おわりに

普通にやり取りを交わしていたのに、男性が急にLINEを送ってくれなくなった場合は、今回紹介したポイントに当てはまる可能性があります。

男性がどういう状況なのかも含めて、一度やり取りを見返してみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)