なんだか最近、好きな男性からのLINEがそっけない……。

「もしかして脈ナシ?」と不安になっている女性に、男性の「脈ナシLINE」の特徴をご紹介します。

実は、興味がない女性に対して「察して欲しい」とばかりに脈ナシサインを出していることは多いんです。

今回ご紹介する3つのいずれかに当てはまったら、一度連絡を控えてみてもいいかもしれません。

気づいて!男性の「脈ナシLINE」の特徴3つ

返事が短い

好きな男性に対して、思いが高まり、ついつい長文のLINEを送ってしまう。

そんなときにさらっと短文で返ってくるのは、「あなたに深入りしたくない」「時間をかけてやり取りしたくない」という気持ちの表れかもしれません。

付き合いでやりとりしてくれている可能性もあるので、アプローチには要注意です。

デートに誘うと返信がない

LINEの返信が早くてノリもいい男性をデートに誘ってみたら、何時間も返信がない……。そんな経験はありませんか?

ほかにも、「今度遊ぼうよ」と盛り上がっても、日程調整をしようとすると返信が途切れる、当たり障りなくスタンプで返してくる、など。

そんな男性からは、日常会話など暇つぶしのLINEはよくても、会う約束はしたくない心理が見て取れます。

もちろんまだ会う心の準備ができていないだけ、という男性もいるので複合的に判断してください。

質問されない

自分の話には饒舌だけど、あなたの話には返事が適当だと感じることはありませんか?

彼は自分の話は聞いて欲しいけれど、あなたのことには関心がないのかもしれません。

LINEで自分ばかりが質問している場合には、脈ナシの可能性も考えてみてください。

ただ、自分本意で構ってほしいタイプなだけの場合もあります。他の特徴と合わせて判断してくださいね。

LINEを控えてみて

気になる彼とのLINEはできるだけ続けていたい、と思うもの。

でも、今回紹介した脈ナシサインが頻繁にみられる場合には、しばらく引いてみるのがおすすめ。

焦ってしつこくすると逆効果になってしまいますよ!

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)