友人や家族など周囲に自慢されている「愛され彼女」っているものですよね。

今回は、あなたが彼にもっと愛されちゃうような、周囲に自慢したくなる愛され彼女の優しさを3つご紹介いたします。

彼がそう思ってくれるような、今よりもっともっと愛されちゃうコツをまとめてみましたのでぜひ、参考にしてみてくださいね!

彼が自慢したくなる「愛され彼女」の特徴!3つの優しさとは

1:普段から丁寧な言葉づかい

言葉づかいでもっと愛されるものなの!?と驚くかもしれませんが、優しさは言葉で表すことができます。

それに、現代は男女関係なく乱暴な言葉を使うし、びっくりするような話し方をする女性も少なくありません。

言葉を大切にしない女性は下品さを感じさせてしまいます。

「優しく話せばいいんでしょ?」と簡単に思うなかれ、実際は狙ってできるものではなく…。

やはり普段から言葉づかいに気をつけ、優しい気持ちをもつ女性であることがポイント。

男性は、恋人にしたいと思う女性をそんな視点からも見ているのです。

約束の時間に遅れたとき、「遅い!と怒られると自分が悪くてもムカつくものだけど、「具合でも悪いのかと思って心配したよ」と言われたら、心から謝りたくなるもの。

まじめな話をするときも、ちょっとイヤな流れになるときも、優しく丁寧な言葉なら彼も素直に心を開き、きちんと聞いてくれるでしょう。

2:状況を見て彼を一人にしてあげれる勇気

勉強や部活、バイト先、あるいは職場でミスったようで元気がない彼。

とっても心配だし、恋人として励ますべきかどうか悩ましいですよね。

何かしてあげたいと思って、いろいろとやってあげるのは、実はこちら側の自己満足なことがほとんどなよう。

こんなときは、ただ黙ってそばに座っている、放っておいてあげることが本当の優しさだと受け取ってもらえる場合があります。

男性はそんな健気な姿にキュンと来るのだそうですよ。

状況を直接見ているわけでも、事情を知っているわけでもないのに、

「大丈夫だよ!元気だして」「あなたは悪くない!」などと言われても、軽く聞こえるし、結局うわべだけの言葉でしかありません。

何も言わずにただ横で話を聞いてくれるだけでいい、そんなときって、女性にもありますよね。

寄り添うだけというのは実は難しいことで、見守ることができる人は何もしない勇気を持っている強い女性です。

強さと優しさをかね備えている恋人は最強ですよ。

3:喜びを一緒にわかち合える心づかい

本気で頑張っていることを応援してくれたら、誰であっても嬉しいもの。それが恋人ならなおさらですよね。

何か真剣に打ち込んでいるときは、会える回数が減ったり、メールの返事が遅くなるのは仕方のないことです。

文句を言っている暇があったら、彼をカゲながら支えることを考えましょう。

夜食を作ったり、マッサージで癒やしてあげたり、さりげない気づかいは優しさの最上級ですよ。

彼もそんな風に優しくされたら、あなたをもっと好きになるはずです。

自分のことを健気に応援してくれる彼女を離したくないと感じるでしょう。

彼の成功を一緒にわかち合える彼女でいることは、関係がうまくいっているからこその余裕でもありますよ。

愛の表現は言葉だけではなく行動でも

もともと、思いやりや気づかいができる女性ならば、パートナーに対して自然と優しさが溢れ出てくるもの。

でも、誰にでもできるわかりやすい優しさではなく、愛する相手を考えているからこそできる優しさは恋人ならではです。

もっと愛されたい!と願うなら、肌で感じてもらえるような愛で彼を包んであげてくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

[aikatu_simple_related_posts