年下の彼を好きになってしまい、どんな風に距離を縮めたらいいかわからない!という女性も多いのではないでしょうか?

実は、女性が年上だからこそできるテクニックも少なくありません。

意中の年下男子を恋のステージに誘い出すためには、どんなことに気をつければいいのでしょう。

そこで今回は、気になる年下くんからアプローチされる心理テクニックをご紹介いたします。

年下男子からアプローチされる誘われテクとは?

年下男子から誘われる:上手な褒め方

年下くんに誘われるためには、「褒め上手」になるのが第一。

それはなぜなら、そうすることで相手のモチベーションが上がり、前向きな気持ちになるからです。

ただし、褒め方にはポイントがあります。

心理学実験によると、才能や結果よりも努力をほめられた人の方が、より困難な問題に挑戦しようとする傾向がみられました。

逆に、結果や才能を褒められると、「失敗すると失望されるのではないか」と恐怖を感じ、積極性が無くなってしまうのです。

そのため、年下くんの努力を褒めてあげるような会話を心がけてみてくださいね。

年下男子と良い関係を築く:自分が尽くさないこと

気になる彼が年下だから、自分が何でもリードしてあげる……このような行為をするのは避けた方が良いでしょう。

心理学においては“サンクコスト効果”というものがあり、「人は労力や時間を相手に費やすと、その対象にのめり込んでしまう」のです。

そのため、年下くんにも多少頑張ってもらうようにしましょう。

相手も時間や労力がかかることで、かけたコストの元を取ろうという心理が働き、あなたと真剣に向き合う気持ちになってくれるはず。

年下男子だからと言って遠慮は禁物:あなたの意見も大切に

年下くんからの提案は、なかなか断りづらいもの。せっかく頑張って提案してくれたから、断るのも悪いし……といった心理が働いてしまうかもしれません。

でも、ムリして受け入れていると、あなた自身にストレスが溜まってしまいます。

そこで必要なのは「ゴメンね」の一言に加え、代案を提示したり理由を述べたりしてみましょう。

ソフトな姿勢をとりつつ、ハッキリと主張を伝えることを心理学では。「主張的反応」と言います。

これができるようになれば、年下くんから好感を持たれる上に、あなた自身の負担も軽減されますよ。

年下男子を自分のペースに乗せるには:前提を忘れずに

年下くんをコントロールし、行動を促すための心理テクとして、「誤前提提示」を活用しましょう。

人は与えられた選択肢の中だけで物事を選択しがちです。

その心の動きを利用して、誤った前提を与えて彼を誘導しちゃうのです。

具体的には、相手にAという選択肢をして欲しくない場合「BもしくはCでどう?」と異なる選択肢を提示して、彼にAを選ばせないようにするのです。

例えば、「デートに行く?」と誘うのではなく「中華に行く?それともイタリアンに行く?」と誘うと、年下くんでも誘いやすくなるのです。

年上だからこそ甘えるテクニックも必要

好きな彼が年下となると、どうしても年上であるあなたが遠慮をしたりガマンしてしまいがちかもしれません。

でも、それは逆にNGなアクションだと言えます。あなたが年下くんに甘えれる気持ちの余裕も重要。

また、もしもあなたが年氏くんに誘われたいなら、彼を対等に見て一人の男として扱ってあげることが大切になってきます。

自分を認めてくれる年上のお姉さんという印象を持ってもらうことがポイントになってくるのです。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)