たいていの男性は女性が好きで、どんなに好きな女性がそばにいても目移りしてしまうことがあります。

しかし、女性からすれば「自分だけをみて欲しい!」と思いますよね。

できることなら状況を改善させたいと思うでしょう。

そこで今回はうつり気な彼氏への対応策を、実際の男性の意見をもとにご紹介します。

一緒に楽しめる趣味をさがす

「僕はお酒が好きなので、よく飲み会に行ったり、会社のイベントなどに行ったりしてました。
でも彼女と付き合ってから一緒にボルダリングをしたり、運動をするようになってからはあまり行かなくなりましたね。

運動の前日はちゃんと寝たいし、飲み会は行かなくていいかなって思うようになりました。
女の子のいる飲み会は最近は一切行ってないですね」(30歳/IT)

同じ趣味を持っていれば、自然に一緒にいる時間を増やしながら楽しむことができます。

とくに他の女性がいる場にいくような趣味を持っている男性に対しては、行動を縛るより一緒に楽しむのが効果的。

近くで彼の様子をみることができますし、彼にとってもストレスがないはず。

どんなに移気な彼氏でも、彼女の目の前で、他の女性に手を出すようなことはないでしょう。

彼ともともと趣味が合わなくても、彼の趣味を勉強してみるなど、一緒に好きになれそうなものを探してみましょう。

突然の訪問

「彼女の家が隣の駅で近いので、たまに突然やって来ることがあるんです。
昔は女性を家に呼ぶこともあったんですが、彼女が来たら……って思ったらそんなことできないですね」(25歳/飲食)

いつ彼女が来るか分からないような状況で、疑われる行動はなかなかできないですよね。

家が近ければ、何かあやしい行動があったときに様子を見ることもできるので、近くに引っ越してみるのもひとつの方法かもしれません。

ただし、あまり監視をしすぎたりプライベートを邪魔してしまうと、彼にストレスを感じさせてしまう可能性もあるので注意しましょう。

SNSをこまめにチェック

「SNSはしょっちゅう投稿してますね。
ただ、投稿するときは間違っても女性と一緒にいる感じが出ないように気を付けてたのですが、なぜか彼女にバレたとことがあって……。

たまたまみんなと飲みに行ったときの写真を載せたんですが、端に写った服でバレたみたいで、女性と一緒にいるでしょ!って怒られました。
別に浮気をしたとかではないのですが、この子に隠しごとはできないなって思いました」(31歳/運輸)

意外にも、SNSにはいろんな情報が詰まっています。

端に写った服やうしろ姿だけでも、一緒にいる人の性別などはわかるはず。

男性も特に警戒せずに気軽にSNSを投稿してしまう人が多いため、チェックしやすいでしょう。

投稿だけではなく、どんな人の投稿を「いいね」しているのを見てみると、男性がとっている行動のヒントが隠されているかもしれません。

共通の友人を増やす

「友達は僕が女の子が好きなのをよく知っているので、彼女ができると、『あんまりこういう場には来ない方がいいんじゃない?』と注意してきます。

そのせいか、今の彼女と共通の友達には、女性がたくさんいるような遊びには誘われないですね。寂しいけど仕方ないかなって思ってます」(26歳/美容師)

自分と一緒にいるときは浮気を注意できますが、別の予定があるときは自分で監視することはできません。

そんなときに、友だちが味方になって一緒に警戒してくれたら心強いですよね。

そのため、彼との共通の友人を作っておくと、浮気防止の大きな力となるでしょう。

ただし、彼の友だちと親しくなるには、人間性を磨いたり、周りからも「いい彼女」だと感じてもらえるような人になる必要があります。

自然に一緒にいる時間を増やす

浮気を防止するために彼の行動を制限してしまうと、かえってストレスを与えてしまい、逆効果になることも。

それでも警戒はしたいというのであれば、自然な形で彼と一緒にいる時間を増やせるように工夫してみましょう。

また、彼女と一緒にいるほうが楽しいという意識を植え付けるのも大切です。

他の女性に目移りしないくらい魅力的な女性だと感じてもらえるのが、浮気防止には一番有効なはず。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)