年下男子とのデートで「おばさんっぽい」と思われてしまうのはショックですよね。

しかし、自分では気がつかないなにげない行動が「おばさんっぽい」印象を与えている可能性も。

デートをする前にどんな行動に注意すればいいのか理解できていれば、年下男子からのデートにも安心して望めるでしょう。

そこで今回は、年下男子がデートで「おばさんっぽい」と感じやすいポイントを、実際の男性のコメントと一緒にお伝えします。

年下男子がデートで「おばさんっぽい」と感じた女性の特徴

服装がデートっぽくなかったとき

「いつもはしっかり制服を着こなしている職場の先輩が、ゆるゆるのワイドパンツとスニーカーのラフな姿でデートにきた時はびっくりしました。
正直、いつもよりずっと年上に見えちゃって、おばさんくささを感じてしまいました」(24歳/建築資材営業)

ラフなファッションは楽で動きやすく、ついつい選んでしまいがちですよね。

しかし、デートの時まで楽さを重視した服を選んでしまうのは、危険かもしれません。

「大人な雰囲気」から一気に「おばさんくさい女性」に印象が変わってしまう可能性も。

年下男子とのデートのチャンスを手にしたいのなら、デートにあった服装選びを忘れずに。

彼の好みも考慮してみるといいでしょう。

渋すぎるお店選び

「合コンで出会った年上の女性と、彼女オススメのお店でデートをすることに。
大人な感じのお店なのかな?ってドキドキしてたんですが、当日お店に行ってみたら、渋すぎる大衆居酒屋で……。
たしかに美味しかったけど、初デートでこれはないな……って思っちゃいました」(26歳/SE)

年下男子に自分が好きなお店を教えてあげたい!という女性は多いんじゃないでしょうか。

しかし、自分にとっては居心地の良いそのお店がデート向きかどうかは考慮したほうがいいでしょう。

とくに年下男子とデートをするなら、大衆居酒屋っぽいお店や、常連さんでいっぱいのお店は避けたほうがベター。

少なくとも初デートのときは、カジュアルなレストランや、カフェなど雰囲気の良いお店で距離を縮めましょう。

待ち合わせ時間が遅い

「年上の気になる女性をデートに誘ったときに、『14時集合にしよう』って返信がきました。
せっかくの初デートなのに集合時間遅くない?って思いました。

でも疲れてるからかもしれないし……と思って結局そのままデートしました。別に遅くても良いんですが、ちょっと歳の差を感じちゃいました」(25歳/自動車販売)

仕事のない休日は、予定を詰め込まずにリラックスして過ごしやいですよね。

デートの日も「午前中はゆっくりデートの準備をして、余裕を持ってデートに臨みたい!」と思うかもしれません。

しかし、年下男子が「初デートだし、いろんなところに行きたい!」と思っているのに、余裕を持ちすぎる時間を提案をしてしまうと、「疲れているのかな」と年齢を気づかった推測をさせてしまうかもしれません。

予定を詰め込みすぎたデートはすこし疲れるかもしれませんが、年下男子がはりきっているようであれば、彼のペースに合わせてみましょう。

年下男子に合わせたデートを心がける

年下男子がギャップを感じやすいのは、デートへのモチベーションの違いが大きいのかもしれません。

デートを楽もうとしている年下男子に対して、自分の居心地の良いものや楽なことを提案してしまうと、「おばさんくさい」と感じる原因になりかねません。

とくに初デートのときは、モチベーションを下げてしまうような提案は避けたほうがいいでしょう。

年上女子として「年下男子のペースに合わせてあげる」くらい気持ちでデートに臨みましょう。

(愛カツ編集部)