「気になる彼の言葉が本気かどうか分からない……」と悩んだことはありませんか?

あるいは、男性が本気だと言ってきたけど騙されてしまったという経験があるかもしれません。

この記事を読むと、男性は本気で好きな女性に本能的にどんな行動や言動を取るのかが分かります。

男性の態度から、本気で好きかどうかを判断できますよ。

男性に聞いた!本気の女性にだけ本能的にやってしまうこと

「好き」と即答できる

「本命女性から『私のこと好き?』って聞かれたら、『好きだよ』ってすぐに言い返せますね。

でも本命じゃない女性からそれを聞かれると、正直、返答に困ります……。
本命じゃない女性とは付き合いたいとも結婚したいとも思ってないので」(25歳男性/飲食店勤務)

男性はそこまで本気ではない女性に対して、「好き」という言葉を使うのは抵抗があるようですね。

かといって女性との関係が終わってしまうのは嫌なので煮え切らない返答になってしまうのかもしれません。

目的志向で問題解決が好きな男性の中には、結論が見えない話がずっと続くのは時間の無駄だと考える人もいます。

それほど本気ではない女性に「私のこと好き?」と聞かれるのはつらいところなのかもしれませんね。

友達や家族に紹介する

「本気で好きな子のことは、家族や友達に紹介しますよ。
遊びの子を家族や友達に紹介しちゃうと、本命女性の候補を探すことができなくなるんです。

紹介した後に他の女性との出会いを求めてたら、『この人遊び人じゃん』って思われるじゃないですか」(31歳男性/広告代理店勤務)

紹介することで面倒なことに巻き込まれたり、自分の評価が下がることを懸念している男性が多いのかもしれません。

なるべく情報を表に漏らしたくないという男心が隠れている可能性も…。

なかなか友達や家族に紹介してくれない男性は、他に本命の女性がいるのかもしれませんね。

幸せにする覚悟を伝える

「本命候補の女性には、『君を幸せにするよ』っていう覚悟を伝えます。
本気で好きになった子に対しては、あまり遠回しな表現はしないんです。
本命の子とは一緒に幸せになりたいって思いますからね」(19歳男性/学生)

男性が遠回しの発言をすることは、ネガティブな意味を持つ場合が多いのだとか。

相手の女性のことが好きでたまらないときは、ウソをつかなくなるし、積極性と自信も出てくるようです。

そのためストレートに気持ちを言う場面が多くなるんですね。

自分の価値観について話す

「好きな女の子に対しては自分の価値観を話したくなります。
自分の好き嫌いの価値観がどれだけその子と合うか確認したいんですよね。
付き合った後のことを考えたとき、価値観の問題でぶつかりたくないんです」(30歳男性/IT関係)

自分の価値観を話すことによって「本当にこの子を好きになっていいのか?」「ネガティブな部分は妥協できるのか?」という点を吟味したい男性が多いのかもしれません。

好きなもの……たとえば、趣味のスマホゲームを教えてくれたり、好きな歌手を共有したり。逆に、嫌いなものが同じほうが、相性がいいことも多いみたいですね。

価値観の合う合わないは、そのまま居心地の良さにも直結します。どんなところが同じで、どんなところが違うのかはしっかりと見ておきましょう。

プライベートな情報を明かす

「本当に好きな人には、プライベートな情報も明かします。

今後長期的に付き合っていくパートナーにしたいと思っているし、今の時点で信頼関係をもっと厚くしたいと思っているので、どんどん自分のことを話していきたいです」(32歳男性/金融)

本気で好きであれば、その女性の人間関係や家族関係などのことも知りたいと思うのでしょう。

自分からプライベートな情報を先に明かすことで、それらの情報を得て、もっと親密になりたいと思っているのかもしれませんね。

本命のサインを見逃さないように

女性に比べて好意が分かりやすい男性は多いです。

今回お伝えした男性の意見を参考にすれば、スムーズに恋愛を成就させることができそう。

ご紹介したのと同じような行動が、気になる男性に見られたら、自分から好意を示してみてくださいね!

(阿部田美帆/ライター)

(愛カツ編集部)