気になる人と交際を始めたら、ちゃんと自分のことを大切にしてくれるのか気になりますよね。

まずは付き合う前にジャッジできるところはしっかりしておきたい。そうすることで、ミスマッチを防ぐことができるかも。

今回は、初対面でもわかるダメンズの見分け方をご紹介します。

当てはまったらヤバいかも…?今のうちに見抜いておくことが大事かもしれません。

当てはまったらヤバいかも!?付き合う前に確認したいダメンズの見分け方

品定めしてるの?外見をジロジロ見る

男性的には無意識なのかもしれませんが、初めて会った時、特に胸やお尻、脚などをジロジロ見る方がいます。

そういう男性は、彼女が欲しいというより性的な関係を持ちたいだけなのかも。

会ってからすぐに判断することができるので、待ち合わせをした時に性的な目で見ていると思ったら、付き合うのはやめておいても良さそうです。

たとえ交際が順調だったとしても「私のいないところでは、そうやって女子を品定めしているのかな……」と不安の原因になる可能性があります。

無神経で何でも口にするKYタイプ

合コンや初デートの時、お互い探り探りな状況なので、なるべく相手を不快にしないようにしつつ、少しでも自分に好印象を持ってもらいたいと思いますよね。

しかし「写メと顔違いますね!加工しているんですか?」や「給料って何に使っているんですか?」など、一言余計な男性は要注意。

仲良くなってお互いを知った上でその質問をするならまだしも、初対面なので冗談が通じない場合もあります。

彼のデリカシーのなさに、最初は気づかぬふりができても徐々にイライラするでしょう。

何でも口にするKYタイプは、後に自分が恥ずかしい思いをすることもあるので、早い段階でスルーもOK。

あらゆる理由をつけて家に連れ込もうとする

初対面や初デートなのにいきなり家に連れ込もうとするパターンも危ないでしょう。

女性側が誘っている場合はまた別の話になりますが、積極的に家に連れ込もうとする場合は、恋人になろうというより性的な関係になりたいだけの可能性も。

その展開になりたくない人は、初めて会う時は昼間に約束するのをおすすめします。

また、デート中にあなたの行きたいところについてきてくれない場合も注意。

彼の「面倒くさい」という気持ちを優先してしまうと、付き合ってからも彼の機嫌ばかり取らされてきっと疲れてしまいます。

お互いを尊重し合える方とお付き合いした方が楽しめるはずです。

彼と幸せになる未来が見えるかジャッジ!

初対面での違和感って、その後もずっと尾を引きます。

複雑な気持ちを抱えたまま付き合っても、自分だけが我慢して「なんでこんな思いしなくちゃいけないの?」と悩むことになると思います。

だからこそ彼は思いやりがある人なのか、ふたりの将来が想像できるのか、付き合う前に見極めておくのが大事なのかも。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)