好意を寄せている相手からいい印象を持ってもらいたいと思うのは、男性も女性も同じ。

逆に、やましいことを隠していて、それが好きな人に知られてしまったら嫌われてしまうかもしれない…。

今回は、男性が好きになった女性に対して内緒にしたい隠し事をピックアップしました。

世の中の男性は、どのようなことを“秘密”として隠し持っているのでしょうか?

引かないでほしい…男性が好きな人に内緒にしたい隠し事3つ

子供の頃から大切にしている人形を手放せない

子どもの頃から大切にしている人形やゲーム機を捨てられず、ずっと手元に残している方は少なくないでしょう。

しかし、その人形たちを大人になっても手放せないことに、恥ずかしさを覚えて内緒にしているのかもしれません。

「1歳の誕生日にもらったクマのぬいぐるみがあるのですが、30歳目前となったいまでも手放せずにいます。

さすがに一緒には寝ませんが、自分の近くにないと落ちつかないので、これからも手放せる自信がありません。

いままで彼女を自分の部屋へ上げたことがないのですが、もし好きな子が遊びにくるようなことがあれば、まちがいなく即バレしてしまうことでしょう……」(28歳男性/IT)

幼い頃ににもらったぬいぐるみが手放せないとは、なんともかわいらしいエピソードですね。

最初は驚きますが、そのエピソードになんだか母性がくすぐられてしまいます。

もしカミングアウトされたとしても、バカにせず物を大切にできる人なんだとそっと見守ってあげましょう。

実は母親を「ママ」呼びしている

女性にとって、気になる人がマザコンだったという事実はかなり驚きが大きいと思います。

好きな人が引いてしまうことを恐れて、マザコンの事実を隠す男性は少なくないようです。

「ちいさいころから、母のことを“ママ”と呼んでいる僕。
自分ではそこまでマザコンだという自覚はないのですが、大人の男が母親のことを“ママ”と呼ぶのは、まわりから引かれる気が……。

いい感じになっている意中の女性がいますが、いずれママに会わせる日がきたらボロが出てしまいそうで、今からおびえています」(29歳男性/SE)

たしかに、成人男性の口から出る“ママ”の言葉には、いろいろな意味でかなりの破壊力があります。

気になる彼が“ママ”呼びしている可能性もあるので、母親と仲良いか探りながら、その覚悟はしておいて方がいいのかも。

過去、禁断の恋を経験したことがある

過去の恋愛遍歴は、恋愛関係にステップアップするうえで気になるポイント。

男性の中には、まるでマンガのような恋愛を経験したことのある人もいるようです。

「中学2年生のとき、僕の家には家庭教師が来ていました。当時14歳の僕に対して、家庭教師の先生は27歳の女性。
ひとまわり以上差がありましたが、恋愛関係に発展しました。

当時の僕には刺激的な恋愛でしたが、マンガの題材になるような組み合わせなので、好きになった女性にも引かれてしまいそうで……カミングアウトしたことはありません」(31歳男性/塾講師)

女性の立場からすれば、正直、当時の家庭教師がスゴいなと思ってしまいそうなエピソードですね。

同じ女性として、“ちょっとな……”と思ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

過去の恋愛遍歴について彼からカミングアウトを受けた時、それが驚く内容であっても、すぐに否定的なリアクションを取らないことが大切です。

「勇気を出して打ち明けてくれたんだ」と一度しっかり受け止めてあげるといいかもしれません。

打ち明けてくれたことに感謝を

話していないだけで、人は誰しも隠し事の一つや二つはしているもの。

もし自分に好意を持ってくれている人から、想像以上のカミングアウトを受けたら、どうか寛容な心で受け止めてあげてください。

「話してくれてありがとう」と感謝の気持ちを示すことで、これから良好な関係を築くことができるかもしれません。

(愛カツ編集部)