恋愛で意外と多いのが、「彼が仕事で忙しくて会えない・うまくいかない」状況。

女性はどんなに仕事をしても、好きな人のことをおろそかにすることはそれほどありませんよね。

しかし、男性には多くいるのも事実です。

今回は、「仕事で忙しい」を言い訳にする男性の実態を紹介していきます。

「仕事で忙しい」を言い訳にする男性の実態3選

放置した自覚がない

女性は「ずっと連絡がない……なんで?」とイライラしていても、男性からすると「そうだっけ?」程度にしか思えないことも。

恋愛のことばかり考えて彼の連絡を待っていると、1日が終わるのがとても長く感じます。

しかし、仕事に追われているときは、朝出勤したかと思ったら「あれ?もう夕方?」なんてこともありますよね。

仕事の忙しい人と、時間の感覚に差があるのは実はよくあること。

本当に仕事が忙しい男性は、「放置した自覚がない」だけのことが多いです。

彼からの連絡を待たずに自分の予定を入れたり、こちらから誘ったりするのも良いかもしれません。

恋愛のことが頭から抜ける

男性から「仕事で忙しくて」と言われると、「私のこと嫌い?」「もう会いたくないってこと?」なんて思ってしまう女性も多いはず。

しかし、忙しい男性からすると「仕事が忙しい=恋愛どころじゃない」という状態は当たり前であることも多いです。

男女で脳の構造が違うということもあり、変に追求すると男性の熱を冷めさせてしまうことにもつながりかねません。

特に男性に悪気はないので、相手の仕事が落ち着くまで待つのが最善の策でしょう。

好きな子でも連絡したくない

忘れているわけではないし、彼女を嫌いになったわけではない。

むしろ好きだからこそ、仕事が忙しい時や仕事で自信を失っている時は連絡を取りたくないという人もいます。

男性は「好きな子に自分を大きく見せたい」「できる男だと思われたい!」と思っています。

そのような理想と、仕事に追われ自分を見失っている現状にギャップを感じると、「カッコ悪い自分を見せたくない」という気持ちが芽生えてくることも。

恋愛モードじゃないだけで気のおけない友達とは会っていたり、趣味は普通にしていたりすることも多いです。

そのときに、「私に連絡もしないで何してるの!」と責めるのは破局のもとになるので、絶対にやめましょう。

言い訳が多い男性との発展は難しい

本当に仕事が忙しくてあまり関われないこともありますが、なかには仕事を言い訳にしている男性もいます。

このような男性と交際を続けていくのは難しいので、嘘か本当かを見極める力も必要です。

彼の状況がわかるように、普段のコミュニケーションを密にとっていきましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)