好きな人には「一緒にいて楽しい!」とポジティブな感情を持ってもらいたいもの。

できることなら「つまらない……」なんて思われたくないですよね。

じつは、一度でも「つまらない」と思われてしまうと、相手の恋愛スイッチを入れるのは困難になるんです。

そこで今回は、男性につまらないと思われてしまうポイントをご紹介します。

だから二回目のデートがないの?男性に「つまらない」と思われる理由とは

これといった個性がない

「平凡すぎて、これといって何か心惹かれるものがないとつまらないよね。

たとえば他の人より優れた点とか、変わった経歴とか、夢中になっているものとか、ユーモアとかが全然ないと、一緒にいて楽しいって感情にはなりにくい」(30代・営業)

インパクトがない人は、良くも悪くも刺激がなく、男性はあまり惹かれないところがあります。

やっぱり何かグッと心つかまれるものがないと楽しい!とは思いにくいもの。

日ごろから自分の個性をみがいて、デートで相手にアピールするのが大切ですよ。

反応が薄い、会話が続かない

「何をしても反応が薄くて、会話も人の質問に『うん』とか『そうだね』ばかりで、自分からは話題を振らない人とは会話が続かない。

会話のキャッチボールではなく、こっちがボールを投げ続けないといけない人って、つまらないし疲れる」(30代・不動産)

恥ずかしがり屋で目が合わせられなかったり、反応が薄くなってしまったりする人もいるでしょう。

しかし、それが続くと微妙な空気が流れて、「一緒にいてもつまらない」という印象を持たれてしまうことも。

デートでは、自分から話しかけて会話を盛り上げることも大事ですよ。

全然本音で語らない

「自分の失敗談とか、ちょっとエグい本音を話してくれる人とは話が盛り上がって楽しいけど、全然本音を語らない人は壁を感じて接しづらい」(20代・公務員)

一切本音で話さない人というのは、何を考えているのかわからず不安を感じてしまう男性もいるでしょう。

無理に本音で話す必要もないですが、良い印象を残したいのなら、ある程度腹を割って話したほうが好感を持たれますよ。

真面目すぎて遊びがない人

真面目すぎて遊びがない人

「真面目すぎて遊びがない人とか、マニュアル人間はつまらない。
常識の範囲内で突拍子もないことができたり、クリエイティブなことをしたりして、周りをあっと言わせる人は飽きないよね」(30代・IT)

元からの性格もあるので何とも言えませんが、やっぱり真面目すぎるのは、ほどほどの方がいいかも。

遊び心がないと相手から楽しい感情を引き出せないので、「つまらない人」というレッテルを貼られてしまうこともあります。

デートでは、少しお茶目な部分を相手に見せるようにすると、いいかもしれませんよ。

「つまらない人」だと思われないように

一度相手に「つまらない人」と思われてしまうと、恋愛対象になるのがむずかしくなります。

「つまらない人」とレッテルを貼られないためにも、デートではご紹介したようなことを避けるよう意識してみてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)