彼氏に愛をどのくらい伝えられていますか?

長く付き合うなかで、「好き」「愛してる」と言うのが恥ずかしくなってしまった……なんて人もいるのでは。

そんな人は言葉ではなく、行動・ふるまいで伝えてみてはいかがでしょうか?

実は、男性は彼女からの愛を行動・ふるまいからも感じ取っているようですよ。

どんなときに愛を感じるのか、男性にリサーチしてみました。

男性が彼女からの愛を感じる瞬間

自分のことを理解してくれるとき

「彼女は寂しがり屋で、週末は必ず会いたいタイプ。
そんな彼女から『最近仕事忙しそうだね。デートやめようか?』とLINEがきたときに、愛を感じました」(28歳/教育)

仕事が忙しいと、身体的にも精神的にも疲れてしまいますよね。

そうなると、会いたい気持ちよりも、身体を休めたい気持ちが勝ります。

そんな気持ちを理解し、気遣ってくれる彼女に愛を感じる男性は多いようです。

マッサージをしてくれるとき

「仕事が忙しくて帰宅が遅くなると、彼女は『疲れてない?大丈夫?』とマッサージをしてくれるんです。その時間が大好きで、ほっとします」(32歳/教育)

つかれているときに、ねぎらってくれる人がいると嬉しいものです。

とくに男性は、マッサージをしてくれる彼女に愛を感じるよう。

彼が仕事で疲れているときには、一言かけて、身体をほぐしてあげてみてください。

きちんと叱ってくれるとき

「仕事でズルをしようかな、と冗談半分で言ったら、彼女が『それはダメでしょ』とピシャリ。
その叱りに愛を感じましたね。本当の愛とは何か考えさせられました」(38歳/マーケティング)

相手のことを想うからこそ、叱りの言葉がでるもの。

間違っていることは「間違っている」と言ってくれる彼女に、男性は愛を感じます。

甘やかすだけではなく、叱ることも大事ですよ。

会いに来てくれたとき

「年末が繁忙期で、悪いなと思いつつ1か月以上彼女に連絡ができなかったんです。
そんなある日彼女から『仕事が終わったら連絡して』とLINEが来て……

その日も遅くまで働いていたんですが、連絡をしたら彼女が『5分だけ顔見に来た』って会社の近くまで来てくれたんです。このために何時間も待っててくれてたのかと衝撃でした」(31歳/不動産)

働いていれば、忙しくて余裕がなくなることもあります。

そんな状況を理解し、会う時間がとれなくても責めないことが大事。

さらに負担をかけないよう気を配りながら、会いに来てくれる彼女に男性は愛を感じるはずです。

彼に愛を伝えよう!

彼を想う気持ちは自然と行動に表れて、彼に伝わるようです。

実は既に、あなたの愛は彼に伝わっているかもしれませんね。

もっと彼との関係を強く、いいものにするためにも、たくさん行動で愛を伝えましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)