気になる人ができると、彼がどんな恋愛をするのか気になりますよね。

そこで今回は男性の星座別に、恋愛タイプが「刺激派」と「安定派」、どちらに当てはまるのか占ってみました。

てんびん座からうお座までの発表します。ぜひチェックしてみてくださいね。

【後編】男性の星座別・彼の恋愛タイプは「刺激派」or「安定派」?

てんびん座(9/23~10/23)

【平和主義の安定派】

穏やかで社交的なてんびん座の男性。

人当たりも良くモテ傾向があるため、恋愛星座とも言われています。

ただ、平和主義なところがあるため、ケンカや揉めごとが多い恋愛は苦手なところがあります。

もちろん、振り回される恋愛になればスッと離れていきます。

恋愛は安定派なのです。

さそり座(10/24~11/21)

【隠れ刺激派】

隠し持っている愛情が深く、実は情熱的なさそり座の男性。

愛情が深いだけに、強い独占欲を持っているところがあります。

また、奥手なために自分からアピールすることは滅多にありません。

ただ、マニアックな探究心やミステリアスな雰囲気を求める傾向が強く、その点では刺激派と言えるでしょう。

いて座(11/22~12/21)

【自由奔放な刺激派】

独立心が強く情熱的で、これと思ったことはやらないと気がすまないいて座の男性は、立ち止まらず前に進むことを好むところがあります。

恋愛傾向もまさに「自由奔放」。同じデートコースや、パターンが同じなデートプランは苦手です。

いつもワクワクしていたい恋愛刺激派と言えます。

やぎ座(12/22~1/19)

【安定を求めすぎる安定派】

堅実でマジメ、さらに石橋を叩いて壊すほどの慎重さがあるやぎ座の男性。

恋愛すると、良好な関係を維持するための努めるところがあります。

でもそれだけに、振り回す女性は苦手。

お互いに尊敬し合う落ち着いた恋愛が理想で、実際に安定した恋愛ができるようにがんばるでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

【自由な安定派】

異性同性の区別なく、誰にでもフランクなみずがめ座の男性。

恋愛中も自由を大切にしたいと考えるところがあります。

「浮気されているかも」「追いかけなきゃいけないの?」と不安や疑問を抱くような恋愛は苦手で、ベタベタしない程よい距離感の安定した恋愛をするでしょう。

自由な安定派です。

うお座(2/19~3/20)

【スパイスな刺激派】

末っ子気質の甘えたがりなうお座の男性。

「好きになった人が理想の人」という考えを持っているところがあります。

ただ、恋愛をすると一途で、障害があればあるほど燃えるところも。

刺激がスパイスになる、まさに刺激派なのです。

彼の恋愛傾向を把握しよう

気になる彼は、どんな恋愛タイプでしたか?

相手の恋愛傾向に合わせることも、恋愛を長続きさせるためには大事なポイントです。

今回ご紹介した内容を参考に、彼のツボにはまるアプローチをしてみてくださいね。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)