テーマパークでのデートは、何度行っても素敵な思い出になるもの。

せっかくの特別なデートですから、「お、この子気が利くな」と思われる女性を目指してみましょう!

そこで今回は、男性のニーズを調査して、「男性の心をくすぐる、最強の気遣いテクニック」を集めました。

簡単にマネできるので、ぜひ実践してみてください。

テーマパークデートで心をつかむ!すぐに使える「最強の気遣いテク」6選

1.彼の好みを事前にリサーチする

テーマパークには、いろいろな種類のアトラクションがあります。

自分が好きなアトラクションでも、相手も好きとは限りませんよね。

とくに、絶叫系やホラー系が大丈夫かは、事前に確認してあげるのが◎

また、作品ごとのアトラクションがあるのなら、好きな作品を事前に聞いておいて、現地で「○○くんが好きなあれにいこう!」と言ってみましょう。

そんなあなたに彼は、「話を覚えてくれている+気遣ってくれてくれてる!」と感じて、グッと好印象を持つはず!

2.待ち時間を会話で盛り上げる

テーマパークはいつも大人気!そのため、待ち時間はたいてい長くなるものです……。

そんなとき、アトラクションに関係する楽しい話ができれば、待ち時間も楽しく過ごせます。

子どものころの話や、最近頑張っていること、面白いハプニングなどの話題も用意しておきましょう。

話し下手な人は、事前に携帯にメモしておいて、ちょっとトイレで確認……なんていうのもいいかもしれません。

ただし、元カレと来たときの話などはNGですよ。

あくまでも楽しい話題を提供しましょう!

3.のんびりする時間をつくる

テーマパークにいくときは、「1分も無駄にせずアトラクションに乗りまくる!」「つねに効率の良い導線を考える!」なんて楽しみ方を心得ている方も多いかもしれません。

もちろん相手がそれを楽しいと思うなら、一緒にはしゃいでOK。

ただ、もう少しのんびり楽しみたい……という男性がいるのも事実。

そんな彼なら、無理に連れまわさず、レストランでおしゃべりしたり、ベンチに座って、のんびり非日常的な空間を眺める時間も用意してあげるのがおすすめ。

彼が言い出しにくそうにしていたら、あなたのほうから「ちょっと休憩したいな」と言ってあげてくださいね。

4.ティッシュやハンカチを渡す

食事やトイレなどのときも、気遣いを示すチャンス。

レストランで食事をしたり、カートで売っているおやつを食べたりするときには、ハンカチやウェットティッシュをサッと出してあげましょう。

また、トイレから戻ってきた彼の手が濡れていたら、ハンカチを渡してあげてみて!彼もその気遣いに、きっとキュンとくるはずです。

もちろんこのテクは日常のデートでも大活躍しますよ。

5.冬にはホッカイロを渡す

テーマパークは基本的に野外。

寒い日だと、その寒さが気になるものです。

とくに、手足が冷えると辛いですね。そんなときに、温かいカイロがあると、身も心も温かくなります。

靴に入れて、つま先を温めるカイロもおすすめです。

このほか、ちょっとしたおやつや、そのテーマパークキャラのグッズもカバンに忍ばせておくのも◎

さりげないあなたの気遣いがとても嬉しいはずです!デートを、より盛り上げることができるでしょう。

6.昼と夜で雰囲気を変える

昼と夜とではガラッと雰囲気が変わるのも、テーマパークの魅力。

それに合わせて、昼は楽しく無邪気にはしゃいで、夜は落ち着いた、オトナの雰囲気を演出してみてください。

メリハリをつけて、夜にロマンチックな雰囲気を出せれば、デートとしてはかなり高得点。

まずは、オトナの雰囲気を意識。

声のトーンを少し落として、ゆっくり動いてみて!

寄り添って歩いたり、見つめたりする表情は、彼の脳裏にいつまでも焼き付いて離れない思い出になるはずです。

気遣いで素敵な思い出に!

せっかく非日常的な空間に行くわけですから、どんな頻度で、何回行こうとも、その日1日を、素敵な思い出にしたいもの。

小さな気遣いをいつも忘れず、優しい笑顔があふれるデートにしてくださいね。

(恋愛コラムのプロ集団・5656/ライター)

(愛カツ編集部)