新型ウィルスの影響で、大好きな彼氏と会うことが難しい人も多いのではないでしょうか。

長い自粛生活と、気兼ねなくのんびりとデートできなくなったこの頃では、「つい結婚を意識しちゃう」という女性も少なくないかも。

ある程度の交際年月を重ねている二人なら、「プロポーズまだかな?」と思っている女性も多いことでしょう。

コロナ禍をきっかけに愛する彼氏との結婚をより身近に感じることも増えた今だからこそ、「本当に私との結婚を考えてくれてる?」と不安に思うことも多いでしょう。

今回は男性が「プロポーズを考えているときの言動」にフォーカスし、その特徴を紹介します。

彼、最近そわそわしてない?「プロポーズのきっかけを探っている」男性の言動4選

仕事についてよく聞いてくる

「結婚はふたりでするものだからこそ、彼女の仕事の都合が気になります。もちろん結婚したら育児や家事は僕も率先してやるつもりですが、妊娠や出産は彼女にお願いするしかないですからね。

僕との結婚で彼女の仕事やプライベートの充実を奪ってはいけないと思うので、その辺は事前にさりげなく聞きますね」(Aさん・27歳男性/アパレル)

優しい彼氏こそ、あなたの様子を伺っているのかもしれません。

どのみち結婚する未来しか見えない相手とは、結婚を急ぐ必要もないでしょう。

彼女ファーストで、プロポーズをしたいと思っているのか、近況をよく聞くそうです。

ボーッとすることが多くなる

「プロポーズの前は、また付き合いたてのラブラブさが戻ってくる感じですね。

彼女をみて“この人が妻だったら幸せだな”と思ってニヤけてみたり、彼女との会話のなかで、つい将来の妄想に走っちゃう。

彼女との会話を楽しみつつ“どうしたらプロポーズを受けてくれるかな”と、意識が違うところにあります」(Kさん・28歳男性/経営者)

彼女の話をきちんと聞いているつもりの男性。

しかし、これまでの付き合いもあるので、女性もすぐに異変に気づきますよね。

「なんか最近話を聞いてくれてない」といった不満を持ってしまいがちですが、意外と彼女をみてデレデレしているだけなのかもしれません。

なにか言いたそうにしている

「プロポーズをすることは、女性が考えるより簡単なことではありません。やはり女性の将来を背負うものですし、もし断られてしまったら、今の関係に戻ることは難しいからです。

なのでプロポーズする勇気がなかなか持てず、挙動不審な言動が増えちゃいますね」(Hさん・27歳男性/飲料メーカー)

彼氏がなにか言いたそうにしているから「どうしたの?」と聞くと、「なんでもない」と返答がくることはありませんか? 

そんな挙動不審な彼氏につい「別れ?」と不安がよぎりますが、実際はプロポーズを言い出せないだけなのかもしれません。

ふたりだけの静かな場所やムード作りを心がけてみて。

親のことをよく聞いてくる

「ドラマや漫画なんかの影響で、やはり“彼女の親父さんは怖い”というイメージがついてくる。でも、彼女と真剣に結婚を考えているし、いずれは挨拶に行くことになると思うのです。

それとなく彼女に“家族で休日どこ行くの?”と周りくどい質問をして、ご両親のことを探ってます」(Mさん・29歳男性/医師)

結婚したら親族になるのですから、彼氏からしてみても彼女のご両親は気になる相手です。

結婚をするのなら、まずはご両親の許しを得なくてはいけないもの。

彼女にそれとなく質問して、結婚できそうか否かを探っている場合もあるんですよ。

プロポーズ秒読みの彼氏はちょっと不自然?

付き合いが長いと、ちょっとした彼氏の変化にもすぐ気付けるようになりますよね。

いつもと様子が違う彼氏のことを心配して「もしかして倦怠期?」と悩むなら、それは勘違いかもしれません。

じつは彼氏なりにプロポーズのきっかけを探っているのかも。

ネガティブになるのではなく、こんな時期だからこそ底抜けの明るさで、彼氏との明るい未来を信じたいですね。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)