まだ付き合ってはいないけど、何度かデートを重ねていい雰囲気。

そんなとき、相手が自分のことをどう思っているのか、すごく気になりますよね。

実は、デートの別れ際に本命か本命じゃないか見極めるヒントが隠れています。

男性が本命の女性にだけ見せる別れ際の言動をご紹介します。

男性が本命女性にだけ見せる「別れ際の言動」とは

なかなか帰ろうとしない

「本命女性とのデートでは、離れるのが寂しくて終電ギリギリまで引っ張ってしまう」(24歳/営業)

好きな人となら、どれだけ長い時間を一緒に過ごしても足りなく感じるものです。

帰る雰囲気になっても、彼がなかなか解散しようとしないときは期待してもいいかもしれません。

ただし、ポイントは男性から話題を振られていること。

あなたから話題を振っている場合は、彼が付き合ってくれているだけの可能性も。

デート後もそのまま連絡を取りたがる

「本命の相手とはデートが終わっても連絡を取り続けたいので、別れ際『帰り着いたら連絡してね』と伝えて、きっかけをつくりますね」(27歳/銀行)

好きな人とのデートは楽しいぶん、別れ際の寂しさは倍増。

デートの別れ際に男性から「家に着いたら連絡してね」「帰ったら連絡していい?」など、デート後も連絡を取りたがるようなら、脈アリかも。

またデートに誘われる

「できればまた会う約束をしておきたい。
だからデート中に、相手の行きたいところをリサーチして、次はそこに行こうよ、と次のデートの約束を取り付けてしまいます」(26歳/IT系)

別れ際に、次のデートの行き先を話したり、次に会える日を聞かれたりしたら、あなたは本命かもしれません。

あなたとの関係を進展させたいと考えている証拠です。

デート中、次に行きたいところやお休みの日について男性から聞かれたら、素直に答えましょう。

男性は、あなたとのデートプランを一生懸命考えているかもしれません。

別れ際の態度で彼の本音が見えるかも

男性は本命の女性には、名残惜しそうにしたり、次につなげる行動をしたりするよう。

別れ際の態度をヒントに、男性の気持ちを探ってみるのもいいかもしれません。

(愛カツ編集部)