付き合っていれば、意見がぶつかることもありますよね。

しかし、ケンカしたくないからと、我慢してしまうカップルもいるのだとか……。

どうすれば、ケンカをせずに、意見をすり合わることができるのでしょうか。

今回は、ケンカを避け、話し合いをするためのコツを紹介します。

意見を我慢してしまっている方やケンカが多い方は、ぜひ意識してみてくださいね。

彼氏とのケンカを避け「話し合う」ためのコツとは?

背景にある想いを聞く

彼の意見を「意味がわからない」「そんなのおかしい」と頭ごなしに否定しまうことはありませんか?

人は否定されると、心を閉ざしてしまうもの。

「なぜそう思うの?」と意見の背景にある彼の思いを聞くように意識してみてください。

彼も話をしているうちに、心が落ち着いてくるはず。

どこに意見の相違があるのか、それは譲れるものなのか、お互い冷静になって話し合うことができます。

要望をわかりやすく相手に伝える

悲しいときや怒っているときは、相手にも気持ちをわかってほしいと思いますよね。

でも何が悲しくて何が怒れるのかを言葉にしないと、相手には伝わりません。

「なんでわかってくれないの」とイライラする前に、要望を言葉にして伝えることを意識してみてください。

また、要望を伝えるときにはその理由も合わせて伝えましょう。彼もあなたの発言を理解し、受け入れやすくなるはずです。

指示ではなく、お願いをする

彼に何かを要求する際には、言い方にも注意が必要。

たとえば、「私は○○をやるから、あなたもしてよ」という言い方は、一方的にルールを押し付けられているような印象を与えてしまいます。

「あなたに、○○してほしいな。私も○○するようにするからさ」と、あくまで相手に依頼する形で伝えてみてください。

早めに謝る

意見がぶつかると、どちらが正しいか白黒つけようとヒートアップしてしまいがち。

そんなときはどちらが正しいかに関係なく、「気分を悪くさせてごめん」と早めに伝えるのが正解。

不思議とお互い冷静に話し合いができるようになります。

話し合いでお互いへの理解を深めよう

もともと育った環境も価値観も違う他人。意見が食い違うことがあって当然です。

だからこそ、お互いのことをわかろうとする姿勢が大事。

ケンカになりそうなときは、冷静になって、彼と話し合うことを意識してみてはいかがでしょうか。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)