いい感じだと思っていた彼が、なんだか最近そっけない……。

そんな経験はありませんか?

なかなか恋が進展しない、急に男性からふられてしまうのは、ある言動のせいかもしれません。

今回は、男性の恋心が冷めさせてしまう女性の言動について紹介します。

男性の恋心が冷めてしまう女性の言動3つ

ネガティブな話が多い

男性に「最近仕事がつまらない」「お金に困っている」など、お悩み相談ばかりしていませんか?

あまりにもネガティブな話が多いと、「この子と話しているとなんだか気が滅入るな」と男性はげんなりしてしまいます。

男性は好きな女性に頼られると嬉しいもの。

悩みを聞いてあげたいという気持ちはありますが、適切な頻度があります。

「付き合っても楽しくないかも」と思われないように、バランスには気を付けましょう。

否定が多い

男性の話に「そうかな?違うんじゃない?」と否定するのも要注意。

反論されることが多いと、「俺のこと嫌いなのかも」と気持ちが冷めてしまいます。

自分とは意見が違った場合も、否定から入らず、「なるほど」と受け入れることが大事ですよ。

リアクションが薄い

相手から話を振ってくれることを期待して常に受け身でいる女性を、面白くないと感じる男性は多いです。

加えて、男性が話しているときに、リアクションをしないのもNG。

男性は聞いてもらえているのか不安になりますし、最終的には「俺の話には興味がなさそう」「話しかけても迷惑かも」と、あなたへの想いが冷めてしまいます。

「うん、うん」「そうなんだ!」と、話の内容に合わせた相づちや質問を織り交ぜながら、会話を盛り上げましょう。

疑い深い

女性にアプローチしたときに、「他の子にも同じこと言ってるんでしょ?」と疑われるのは、気分が悪いと感じる男性は多いです。

信用がないことに落ち込んだり、ややこしい女性だと感じたり、冷めてしまう一因になります。

疑い深い女性よりも素直な女性のほうが、男性は「かわいいな」と思うもの。

男性から嬉しい言葉をもらったら、素直に受け止めてみましょう。

習慣になってない?

男性は今回ご紹介したような女性のちょっとした言動で気持ちが冷めてしまうようです。

もし、これらの言動が習慣化しているのなら、意識して改めましょう。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)