恋愛に奥手な女子は、男子にうまく甘えられなかったり、自分の気持ちを抑えてしまったりすることもあるでしょう。

しかし甘えるのが苦手な女性でも、自分の挑戦できる範囲で甘えてみるだけで、想像以上に彼に喜んでもらえるかもしれません。

今回は奥手女子でもできる男子が喜ぶ甘え方を、実際に男子に聞いた意見と一緒にご紹介します。

挑戦しやすい!奥手女子でもできる男子が喜ぶ甘え方とは

小さなおねだり

「一緒にデートしたときたまたまみた店で1,000円くらいのピアスを欲しがってたときがあったんです。はっきりとおねだりされたわけではなかったんですが、少し甘えてくる感じがかわいくて、その場で買ってあげました。そのくらいの値段だったら、つい買ってあげたくなりますね」(27歳/IT系企業)

甘えるとはいっても、あまりにも高いプレゼントをねだるような女子には男子も引いてしまいます。

お金目的と思われたり、金銭感覚を疑われてしまう可能性も。

一方で男子にとってあまり気にならない程度の小さな額のものや、ちょっとしたおねだりであれば、男子も可愛いと思うようです。

たまたま見かけたアクセサリーやデザートであれば、恋愛に奥手な女子でも甘えるハードルは低いのではないでしょうか。

普段あまり甘えない女子が甘えてくれたら、男子もより嬉しく感じてくれるはずですよ。

ただし、小額だからと言って何回もおねだりしてしまうのはやめましょう。

そっとくっついてくる

「飲み会のときに、普段はあんまり気にしてなかった子が隣にきたのですが、少し酔っ払っていたせいか距離が近くて、意識しちゃったことがあります。

そのあともその子のことが気になって、あとで連絡先を聞きました」(25歳/医療関係)

単純かもしれませんが、やはり女子との距離が近いと男子はドキドキするようです。

あからさまに近くに寄りすぎると、「軽い女」と思われてしまうかもしれないので注意しましょう。

気になる男子がいたら、距離をさりげなく縮めてみると効果的かもしれません。

勇気が出ないという奥手女子は、会話が盛り上がったときに少し顔を寄せてみたり、軽いボディタッチなどに挑戦してみましょう。

会話中の自然な流れでできますし、ドキドキとまではいかなくても、親しみを感じてもらえるはずですよ。

嫉妬してすねる姿

「みんなの前ではなにも言わなかったのに、2人きりになったときに遠回しな感じでちょっとすねたり、甘えられたりするとかわいいなっておもいます」(24歳/自動車メーカー)

みんながいるときには口に出さずに我慢しているけど、自分の前では素直にすねたり甘えたりする女子は、男子にとってはたまらなくかわいく感じるようです。

とくに自分と一緒にいるときにだけ素直な気持ちを見せてくれるところに特別感を感じてキュンとするんだとか。

普段素直に甘えられないような女子も、少しすねるような態度であれば取り入れやすいのではないでしょうか。

嫉妬している感じを少し出して、すねたような口調で甘えてみましょう。

たとえ照れて少し強がっているような感じになってしまっても、かわいいと思ってもらいやすいシチュエーションなので、奥手女子でも挑戦しやすい甘え方です。

ただし、皮肉を言ったり態度が悪くなってしまうと、かわいいと思われるどころか面倒くさいと思われてしまう可能性もあるので注意しましょう。

小さく甘えることから挑戦してみよう

「甘えるのはハードルが高い」と感じてしまう奥手女子も多いかもしれません。

恥ずかしくてなかなか素直に甘えられないこともあるでしょう。

そんなときは、わかりやすく甘えなくても自分のできる範囲で挑戦してみるのがいいでしょう。

男子もいつも甘える女子よりも、たまに小さく甘えてくる女子の方がかわいいと思うはず。

もしも気になる男子がいるなら、今回のように少し甘えてみるだけでも、彼をドキッとさせることができるかもしれません。

(愛カツ編集部)