恋をしていると「好きな人には優しくされたい」、と思う人は多いのではないでしょうか。

でも「優しくして」なんてわがままみたいで言えないし……。

じつは世の中には「好きな人に優しくしてもらうための心理学」が存在します。

ここで知っておくと彼へのアプローチもうまくいくかもしれませんよ。

知っておきたい!「好きな人に優しくしてもらうための心理学」とは

ミラーリング効果を使う

「ミラーリング」とは、相手と同じように行動して、相手に親近感や好感を抱かせる心理テクニックのこと。

基本的に人は、自分に敵対してくる人に優しくできません。

相手に優しく接してもらうためには、まず自分が相手の「味方」であることを示す必要があります。

そこで「ミラーリング」を使ってみてください。

やり方はとっても簡単。

相手の行動や仕草、口ぐせなどを真似るだけでOKです。

ただし好きな人に「真似している」のが伝わると、不自然に見えたり、バカにしているように取られたりするので、「さりげなさ」を意識してみてください。

話すペースやちょっとしたクセなど、彼が無意識にやっていることほど効果的です。

相手の味方であることを示し、彼が心をひらくことで、あなたに優しく接するようになるでしょう。

返報性の法則を使う

人は、なにかしてもらうと、「お返しをしたい」と心理が働きます。

とくに日本人は義理人情を大切にしますので、その傾向が強いといえます。

つまり、好きな人に「優しくしてほしい」と思うのなら、まずはあなたが彼に優しくしてあげるのが大切です。

ただし「優しくする」といっても、なにもかもしてあげればいいという訳ではありません。

たとえば、あなたの分のコーヒーを入れるついでに彼の分も用意してあげたり、彼が困っているときに声をかけたりなど、「ちょっとした気遣い」と思われるくらいの行動がいいでしょう。

あなたが「やってあげた」という意識で行動すると、彼は「お返しをしたい」と思わないので、恩着せがましくしないようにしましょうね。

「ハード・トゥ・ゲット」の法則を使う

「ハード・トゥ・ゲット」とは、「あなたは特別」とメッセージを伝えて、相手を特別扱いすることで、好感を抱きやすくなるという法則です。

たとえばあなたが弱っているとき、好きな人に「こんなとこ見せられるの〇〇くんだけ」と伝えてみたり。

ちょっとしたプレゼントをするときには「〇〇くんだけ特別にあげるね」と言い添えてみたりするのもオススメですよ。

彼が「自分だけ特別なんだ」と思うと、あなたを「特別」だと意識して、優しく接しようとしてくれるはずです。

心理学は恋にも活用できる

好きな人に「優しくしてほしい」と思うのは自然なことですが、ひとつ注意したいのが「彼にとっての優しさとはなにか」という視点を忘れないこと。

あなたが思う優しさと彼の考える優しさは、必ずしも一致していないことがあります。

たとえあなたが理想とするものでなくても、彼なりの「優しさ」が見えたら、それでOKとするのも大切ですよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)