LINEを終わらせるタイミングがわからずに、ダラダラとやり取りを続けていると、男性から嫌われてしまうことがあります。

男性との関係をより良く保つためには、程よいタイミングでLINEを終わらせるのがコツです。

今回は、男性が「早くLINEを終わらせたい」と思っているときのサインを3つご紹介します。

もしかして迷惑?男性が早くLINEを終わらせたいと思っているときのサイン3つ

相づちのみの返信になっている

「LINEを早く終わらせたくなったら、シンプルな相づちだけを返します。それでもLINEの返信を送ってくる女性はお断り。こんなにわかりやすいサインは他にないと思っています」(24歳/アパレル企業)

気になる男性とのLINEのやり取りで、相づちしか返信が来なくなったら早く終わらせたいサインの可能性大!

ほかの話題を持ち出さないことで、会話が盛り上がるのを避けている証拠とも言えます。

男性が「ふーん」「そうなんだ」などのシンプルな返信しか送ってこなくなったら「また明日ね」「おやすみ」などとLINEを自分から終わらせるのがおすすめ。

いさぎよくLINEを終わらせることで、「またLINEしたいな」と男性に思ってもらえるはずです。

明日の予定をにおわせてくる

「好きな子とLINEしてて、なかなか終わらせられなかったから、明日朝が早いから……って俺なりのサインを送りました。僕の中では、明日の予定をにおわせたら、嫌味なくLINEを終わらせられるかなと思ってます」(25歳/建設企業)

LINEを終わらせたいとき、はっきり言いだしづらいと感じている男性は、明日の予定を匂わせてくる場合が多いようです。

「明日朝が早いんだよね」「明日は大事な仕事があるんだ」など、翌日の予定をさりげなくLINEで送ってきたら、それはきっとLINEを終わらせたいサイン。

あなたを傷つけないための優しさが込められた言葉でもあるので、スルーせずに察するのがモテる女性の掟です。

「頑張ってね、また連絡する」などと言って、自分からLINEが終わるメッセージを送ると男性も困らずにすみ、好印象になりますよ。

質問文が全くない

質問文が全くない

「女の子とLINEしてて眠たくなったら質問文を送らないようにしています。質問を送るとやり取りが続いちゃうので、ひたすら相手からの質問にだけに応えて早く終わらせたいオーラを出します」(26歳/自動車メーカー)

男性から質問文が送られてこないのも、LINEを終わらせたいと考えているサインのひとつです。

男性から質問が来るうちは、まだあなたとの会話を楽しみたいと思っているでしょう。

しかし、次第に質問が減り、あなたの送った内容だけに返信してくるようになったら、LINEをサクッと終わらせるのが無難です。

また、「また連絡するね」「LINEまた待ってるね」などと、次へつながる内容を送って、それっきりにならないような工夫もしてみてくださいね。

LINEはダラダラ続けないのがお約束!

気になる男性とのLINEを楽しくするには、ダラダラと続けないのがお約束!

相づちや質問文がこなくなったら、男性の気を引こうとさらにLINEを送るのではなく、サクッと終わらせることで恋愛が進展しやすくなりますよ。

LINEのやり取りでは、男性の気持ちをしっかり汲んであげることが大切です。

(愛カツ編集部)