人はウソをつくときに、身体に現れる傾向があります。

しかし、それは性格や血液型によってさまざまです。

あなたの彼は、ウソをつくときにいったいどんなサインを見せるのでしょうか。

今回は、男性の血液型別に、彼が「じつはウソをついている」ときに出すサインをご紹介いたします。

男性の血液型別!彼が「じつはウソをついている」ときに出すサイン

A型の男性は

【質問をしたときに目を合わせようとしない】

A型の男性は、ウソへの罪悪感を持っているところがあります。

そのため、疑惑の核心に迫る質問をして相手の目を見つめて目線をチェックしてみるといいでしょう。

質問をしたときに目が泳いだり、あたふたと慌てている様子になったりするなら、それはウソをついているサイン。

視線の動きは一瞬ですが、その瞬間的な動きに彼の無意識の深層心理が見え隠れすると言えるのです。

B型の男性は

【鼻、口元、手などをさわったり隠す】

B型の男性は、基本的に動揺しているときは、手足がいつもより余計に動くところがあります。

ウソをついているときに、鼻を触る、鼻の下を指でこする、手で口元を覆い隠す、ポケットに手を突っ込む、などが行動が見られます。

会話をしているとき、やましい部分の話題に触れた瞬間に これらのリアクションが伺えたら隠しごとがある危険信号。

テーブルの下で足がやたらと動いているならほぼ確実でしょう。

O型の男性は

【急に怒り出したり逆切れする】

O型の男性は、追及されてウソをつく際に、威圧的な態度で自分の過失を隠そうとするところがあります。

ウソをついている部分をつつかれるとボロが出そうになるので、あえて怒って論点をずらすのです。

また、言い訳が思い浮かばなかったときに、「俺のこと信じてないんだ?」とあなたのせいにしてくる可能性も。

言い合いになると厄介なのでひとまず落ち着かせてから、帰宅後にLINEやメールで再度突っ込むのが得策でしょう。

AB型の男性は

【話をはぐらかしてその場からいなくなる】

AB型の男性は、コミュニケーションや会話が下手なので、心の中にわだかまりがあると言葉に現れるところがあります。

言葉をにごして話題を変えようとしたり、その場を離れようとするのがウソのサイン。

もし「なんかいつもと違うな」と思ったら、同じキーワードやフレーズを繰り返し使って、怪しい点を複数回質問してみましょう。

すると、最初は冷静にうまく受け答えしていたとしても、不意打ちに慌ててしまい口がすべってしまうはずです。

ウソのサインを見逃さないで

どんなウソでもつかれた側は良い気持ちではありませんよね。

彼があやしいと思ったときは、今回ご紹介した内容を参考に彼のウソを見抜いてくださいね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)