付き合ってしばらくすると意識し始めるのが「結婚」。

でも、自分が考えている結婚と、彼氏が持っている結婚のイメージが、果たして同じなのか……気になるところかもしれません。

そこで今回は、男性が「結婚」をどう捉えているのかをリサーチ!

ぜひ、男性心理を理解するきっかけにしてくださいね。

意外な本音を大解剖!男性が抱いている「結婚のイメージ」3つ

1.「ダラしない姿をみせてもOK」

「付き合っているときは、デートも気合いが入りますし、相手にどう思われるかをすごく気にします。

でも結婚したら、お互いなにがあっても愛していると確信しているので、ダラしない姿を見られても安心!そんな開放感もあるのでは?」(30歳・男性・会社員)

魅力的な異性を演出するのに必死だった交際中に比べると、結婚後は少し肩の力を抜けるのでは? というイメージを持っている男性もいるようです。

それはある程度真実かもしれませんが、あまりにダラしなくなってしまうのはNGですよね。

結婚してもカッコイイ旦那さんでいてもらいたいなら、「○○なときに、○○してくれる旦那さんっていいよね」「いつも○○を欠かさない旦那さんって素敵じゃない?」と、日ごろから理想を伝えておくといいかもしれません。

2.「不満も感謝も両方増える」

「結婚したら、きっと小言や文句をたくさん言われるだろうし、俺自身も言いすぎちゃうことが増えるんだろうなと思います。

でも、俺のためにやってくれることも増えるだろうし、お互い『ありがとう』もたくさん言えるんじゃないかな。それが結婚なんだろうなと思います」(33歳・男性・看護士)

ずっと一緒にいるということは、自然と相手への不満も増えそう……この推測は自然なことですね。

でも、逆もしかりなのです。

ずっと一緒にいることによって、交際中よりももっと、「相手に感謝する機会」も増えるはず。

そしてその感謝の気持ちさえ忘れなければ、結婚生活が破たんすることはないでしょう。

これは結婚してからでなく、付き合っているときから意識しておくべきこと。

相手に対する不満は溜め込まず、お互い腹を割って話せる機会を、そして感謝の気持ちを伝え合う機会を増やしましょう。

この習慣によって彼も、結婚してからもふたりでやっていける!と確信できるはずです。

3.「自由がなくなりそう」

「『結婚』と聞くと、やっぱり自由がなくなるのかな?って思ってしまいます。

付き合っているあいだは自分の生活の一部に彼女がいますけど、結婚したら生活のすべてに関わってくるわけですからね……。それも幸せだと思いますが、窮屈になって後悔しないか心配です」(28歳・男性・飲食店勤務)

結婚は途中でキャンセルできないからこそ、自由がなくなることに不安を感じる男性は多いもの。

でも、そういう一面があるとしても、それをデメリットとして意識させなければ、彼を結婚に対して前向きにさせられるかもしれません。

「ふたりで一緒に同じルールを決めて生活できるのって、ずっと守られてるみたいで幸せそうだよね」。こんなニュアンスで、前向きに伝えてみてはいかがでしょう?

これによって彼も、結婚に対してポジティブなイメージを抱いてくれるかもしれません。

結婚をポジティブにとらえてもらおう

結婚したからといって、自動的に愛が深まるわけではありません。

付き合っている今と、結婚後の生活が、どう変わるのか。

彼の結婚に対するイメージを理解しつつ、なにを想定して、なにを習慣にしていくべきかを検討していくことで、よりスムーズな話し合いができるはず。

男性心理を理解して、交際から結婚につながるステップを一つずつ積み重ねていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)