片思いも長くなってくると、「もうこの恋は実らないのではないか」「彼には他に好きな人がいるのではないか」とネガティブな気持ちになりやすいですよね。

ネットに書かれているハウツーや、駆け引きの方法をかたっぱしからやってみても、いまいちの手応えなら“嫉妬させてみる”のもアリかもしれません。

今回は、片思いの相手を振り向かせるためのテクニックを紹介します。

嫉妬させることで、片思いの相手の意識をこちらに向かせることも可能なんですよ!

嫉妬させればこっちのもの…♡片思いの彼を振り向かせる「嫉妬テク」4選

他の男性とも仲良くしておく

「他の男性とも、あえて仲良くしておきます。片思い中の男性から『最近、〇〇と仲良くね?』という言葉をもらったことがあります。

“なんで?”ととぼけると、その仲良くしている男性のSNSに私と写った画像があったとのこと。どうやら親しい仲を疑ったようです」(Uさん・26歳女性/SE)

他の男性と仲良くしておくと、彼が知らないあいだにジェラシーを持ってくれることがあります。

とくに現代はSNSも発達している時代ですから、彼も気になっている女性の情報収集はしているはず。

「俺の見てないところで……」という独占欲を煽ってみましょう。

好意はありったけに見せる

「ツンデレは確かに効果的だけど、ツンばかりに目を向けがちな女性が多いと思う。ツンを際立たせるには、日頃からデレを意識する必要があると思う。

日頃から意中の彼には甘すぎるくらい、好意を見せるのが正解。その後に冷たく接するからこそ、ギャップ萌えするのだと思う」(Iさん・29歳女性/公務員)

好意はありったけに見せてしまいましょう。

日頃から「好き!」など、彼に対して好意的な言葉を述べていれば、ツンのときに流石に彼も「おかしいな?」となるはず。

そうなれば、原因を探るべくあなたとの日常を思い返すでしょう。

「こんなにあの子を思い返すなんて、もしかして俺って……」と思わせたら、両思いも近いかも。

他の男性の話を出す

「やはりジェラシーは、恋に効くと思います。他の男性の話をして、親しい男性がいるのを匂わせておくこと。

“他の男性も狙っている”ということで、私の価値があがると考えています。他の男性からも一目置かれていると思えば、彼も放っておかないはず♡」(Hさん・36歳女性/アパレル)

他の男性をあえて引き合いに出すことによって、異性として意識させる術も覚えておきたいですね。

「他の男性が気になっている女性」とわかれば、それだけで意中の男性が気にかけてくれることも。

また、他の男性から褒められることで「同性が褒めているのだから、いい女なんだろう」という信用も得やすくなりますよ。

好きバレしてもOK!大胆な言葉で…

「意中の相手に、最終的に告白するつもりなら、好きバレOKのつもりでアプローチするのがいいと思います。

他の女性と同じようなアプローチをしていても意味がないと思うので、時に大胆な言葉で彼を惑わすのも必要です。情熱的な恋に憧れる男性も多いと思います!」(Mさん・21歳女性/大学生)

女性の恋愛のバイブルといえば、少女漫画ですよね。でも、少年漫画にも近頃では恋愛要素が多く、そんな情熱的な恋愛を夢見る男性も増えているはず。

そもそも、まったく同じタイミングで好きになることはあり得ないでしょうから、どちらかが好きを匂わすことで恋愛に発展する可能性が高いわけです。

ドキッとさせることで異性として認識してもらいましょう。

「嫉妬」を有効に使おう!

片思いの相手を振り向かせたいのなら、嫉妬を使って賢く振り向かせてしまうのも手段の一つ。

喜怒哀楽のなかでも、怒るエネルギーは最高といわれています。

ヤキモチで彼の気持ちに闘争心を付ければ、もれなく片思いにも進展が待っていることでしょう。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)