出かけたときなどに男性から「一緒に写真撮ろうよ」と言われたら、ちょっとドキッとしません?

言葉に何か意味はあるのか……?と考えてしまうかと思います。

では、そのときの男性の心理はどのような状態なのでしょうか?男性たちの意見をもとにご紹介します!

どんな意味?「一緒に写真撮ろうよ」と言う男の本音とは?

単純に好きだから

「僕はSNSをやってないので、普段からあまり写真を撮りません。
撮るとしたら、どこかに出かけたときの景色とか……。まあ、好きな女性がいたら、写真は欲しいと思います」(29歳/公務員)

好きな女性であれば、写真が欲しいと思うのは当然です。単純に好意から一緒に撮ろうとする場合もありますよ。

連絡先を交換するため

「写真は別に2人じゃなくても、みんなで撮っても構わない。
ようは、『写真を送るから』って言えば、気に入ってる女の子の連絡先を聞き出しやすいでしょ。
向こうから、『写真欲しい』って言ってくれると、こっちはさらに聞きやすい」(27歳/会社員)

男にとって連絡先を聞くのはそれほど抵抗はありません。しかし、より自然に連絡先を聞くためにキッカケを作ります。

そのため、反対に女性が男性の連絡先を知りたいのなら、「写真欲しい」と言えば交換する流れになるでしょう。

写真があると紹介できるから

「男が集まれば、たいてい女性の話になります。誰か紹介してくれだの、合コン開いてくれだの……。そんな話ばっかり。
そのときに、写真があると便利なんですよね。『この子とかどう?』と聞けるから」(28歳/会社員)

男たちは写真を見て女性を選んでいます。女性としては、あまり歓迎できない行為かもしれませんね。

でも、もし合コンのお誘いが来たら、評価が高かったのかも……?

記録するため

「俺、人の名前とか顔とか覚えるのが苦手で……。もう一回会ったときに、『はじめまして』なんて失礼なことをよく言ってしまう。
写真を撮っておくとあとで振り返れるし、意外と忘れないので助かる」(30歳/美容師)

特に言葉の意味はなく、記録として写真を撮っているわけです。

特定の人だけでなく、全員と撮ろうとしている人はこのタイプかもしれませんよ。

「一緒に写真を撮ろうよ」という言葉だけで、どのタイプなのか判断できないですよね。

単に好きだからというわけではなく、いつの間にか評価対象となっている場合もあります。

声をかけられたからといって喜ぶのは、まだ早いかもしれません。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)