ケンカにおけるへたな言い訳や、妥協なき解決はマイナスに作用しかねません。

つまらないことでケンカして互いに意地を張っても、あなたが一歩引くだけでまた元通りの仲良し状態になれるかもしれません。

そこで今回は、「やっぱり彼女じゃなきゃ!」と許してもらえるようなケンカの終わらせ方をご紹介します。

どうしても許しちゃう!彼氏に効果的なケンカの終わらせ方とは?

彼に寄り添って歩み寄る

お互いに「絶対に自分は悪くない」と思っているからこそケンカになります。

でもちょっとまって。そんなことで彼と別れたら後から後悔してしまうかもしれませんよ。ここは彼に寄り添ってみてはいかが?彼の考え方が変わるかもしれません。

人は「仲直りがしたい」と歩み寄る人にはそれ以上攻撃しません。

一旦、強がる気持ちをおさえながら、「仲直りしたい」と心を込めて歩み寄りましょう。

あなたはかけがいのない存在だと伝える

あやまる手段はLINEでも手紙でもいいのですが、できるだけ直接会って謝るのが一番です。

会って相手に謝れば、気持ちも伝わりやすく相手の反応も見れますからね。

謝罪の気持ちを示した上で、「私には、〇〇くんがかけがいのない存在だと思ったの」

という言葉を入れると、それまで怒っていた彼の考えも変わりやすいかも。

ただし乱用は禁物。気をつけましょう。

どうしても彼氏が許してくれないときは?

いつまでも彼が怒っているときに考えられることは、彼と決めたことを何回も繰り返してやった。または相当大きなことをしてしまったときだと思います。

そんなときは一切言い訳せず、常に誠意を見せるようにしましょう。

カンタンに言うと「これからの私を見てほしいの」「前の私とは違うよ」と伝え、もう彼の怒るようなことはしないと誓いましょう。

彼が許せないと考えているのなら、きっと黙って去って行くでしょう。それでもまだ彼女のことを好きだから、このように怒っているのだと思いますよ!

大人のケンカの仕方を覚えよう

「ケンカするほど仲がいい」といいますよね。ですが、大人のケンカの仕方というのがあります。

SNSのブロックなど感情的で子供のようなケンカではなく、互いに話し合って解決するのが理想ですよね。

それでもダメなら少し距離を置いてみましょう。感情に任せず、仲直りは慎重にしましょうね。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)