男性が本命にしたくなる女性のタイプのひとつに、「信用できる子」というのがあります。

人の悪口を言わない、相手の気持ちを大事にするのはもちろんのこと、意外に大事なのが「ドタキャン」をしないこと。

なぜ、ドタキャンは嫌われてしまうのでしょうか?

また、 どうしてもドタキャンになってしまった場合はどうすればいいのでしょう?

信用できる子になれるポイントを押さえ、彼の本命になりましょう!

ドタキャンはNG?信用できる子は本命にしたくなる!

ドタキャンが嫌われるのはなぜ?

ドタキャンが嫌がられるのは、急に予定が変わるからだけではありません。

ドタキャンをすることで、彼に「一度決めた予定を自分の都合で平気で変える子なのかな?」「相手の都合なんてどうでもいいの?」と思わせてしまうからです。

ドタキャンの常習犯は、「予定がなくなるだけなら大したことないでしょ? いきなり予定が入るよりマシでしょ!」と考えることが多いよう。

しかし、この考え方は大間違い!あなたとの予定を入れるために、彼は他の予定を調整している可能性もあるのです。

他の人からの誘いを先約があるからと断ったのに、その先約がキャンセルされてしまったら……。

彼は2つの予定をロスすることになってしまいますよね。そういった背景を想像できない人と思われるリスクが高いため、ドタキャンは避けた方がいいでしょう。

また、旅行やコンサートなど、お金や他の人が絡む予定のドタキャンは、あなたの行動で相手の信用を傷つけることにもなってしまうので、より注意が必要ですよ。

避けられないドタキャンもある!

そうはいっても、急な仕事や体調など、悪気がなくてもドタキャンになってしまうケースもありますよね。そんなときはどのんなフォローをすればいいのでしょうか。

まずは、なるべく早く連絡をすることが大事です。その場合、誠意をもって真実を伝えてください。

ドタキャンはしたくないからと、約束の時間ギリギリまで連絡を入れずになんとかしようとする人もいますが、約束の時間になってから「ごめん、行けない」と言われても、言われた方は困ってしまいます。

行けないかもしれないという時点で、行けない恐れがあることを伝えておけば、彼にも誠意が伝わるはずです。早めに伝えておくことで、「どうしても今日がいいから待ってるね」「それなら他の日にしよう」など、相手も柔軟に対応できるでしょう。

思いやりの気持ちを忘れないで

ドタキャンは、誰にでも起こり得ることです。

ドタキャンのフォローで大事なのは、思いやりの気持ち。自分の思い込みで相手の都合や可能性を潰さない、自分がされたらどうか?と、相手の立場になって考えることが大切です。

やむをえないドタキャンになってしまう場合は、代わりの日程を提示するのも一つの方法。「確実」な約束をしておくことで、それ以上あなたの信用がなくなることは避けられるでしょう。

ただし、ドタキャンが申し訳ないからと、すぐに次の約束をするのはNG!申し訳ない気持ちがあるからこそ、よく考えて確実に行ける日を提案してくださいね。

そうすれば、「二度とドタキャンしたくない!」という気持ちが伝わりますよ。

予定や予約の変更が多い人は「自己中心的」と見られやすいもの。すぐリカバーできなくても、確実にできる約束をしましょう。

フォローを忘れずに

ドタキャンを繰り返し「自分勝手で信用できない子」と思っても、彼がはっきりと言ってくれることは少ないもの。

知らないうちに距離を置かれてしまうことにならないよう、ドタキャンのフォローはしっかりしておきたいものです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)