デートは「この人と付き合いたいかどうか」を見極めている時間でもありますよね。

そのため、「この子を彼女にしたい!」と、男性を本気にさせることが重要なポイントです。

そこで今回は、男性を「本気にさせる」デート中の行動について紹介します。

彼の心に火をつける!男性を本気にさせるデート中の行動とは?

「待っている時間」を楽しむ

デートでは、場所や食事などのデート内容だけでなく、「ふたりで過ごす時間」そのものを楽しむことが重要です。

極端な話をすれば、「ふたりで一緒にいられるだけで大満足!」といった状態になれるのが最高の形かもしれません。

そのため、行列に並んでいる時間、渋滞にハマっている時間、電車を待っている時間など、どんな時間も楽しむ気持ちが大切。

退屈そうにしたりせず、会話に花を咲かせることができれば、男性側も楽しいデートになるでしょう。

待っている時間さえも楽しめる、そんな女性が彼の心に火をつけるのかもしれませんね。

自然な「ボディタッチ」

2人の関係性がそれほど深くない状態でのデートでは、やはりボディタッチは効果的。

ただし、あからさまにベタベタと触るのはいい印象を与えません。あくまでも、自然に軽く触れるのがポイントです。

「こっちじゃない?」と腕をつかんでみたり、隣に座ったときに肩をくっつけてみたり……。そういった小さなことにも、男性はドキッとします。

デート中は、触れるか触れないかの距離感で彼をドキドキさせ、ナチュラルに彼に触れることを意識してみてください。

そうすれば、男性は自分への好意を感じ取り、ふたりの距離がますます縮まるはずですよ。

「いろいろな姿」をみせる

男性だって、気になる女性とのデート中は内心ドキドキしています。

そんな状況の中で、女性がいろいろな姿をみせてくれたら、さらに刺激が増えますよね。

わかりやすいところで言えば、ヘアスタイルやメイクでしょう。

例えば、デート中に下ろしていた髪の毛を結んでみたり、リップを塗り直してみるなど、視界に入りやすい部分に変化を与えると、男性は目を奪われるものです。

また、常に受け身の姿勢ではなく、ときには自分からデートプランを提案してみるのも効果バツグン!

いつもと違う自分の一面をみせることができれば、あなたに対する彼の気持ちはさらに大きくなるでしょう。

「もう少しだけ一緒にいたい」は魔法の言葉

好きな男性とのデートの終わり際は、切なくてちょっぴり悲しい気持ちになりますよね。

そんなときは、強がらずに彼に甘えてみるのもアリ。「もうちょっとだけ一緒にいたいな」と素直な気持ちを伝えてみてください。

男性からすると、「まだ帰りたくない」という女性の気持ちが伝わってくる、うれしいワガママです。

このひとことによって、相手の思いもやんわりと確認できるので、男性も一気に本気スイッチが入ることでしょう。

本気にさせたいなら自分からアクションを!

「彼女といると、楽しくて過ぎていく時間があっという間。」デートを通して、彼にそんな風に思ってもらえたらうれしいですよね。

一緒にいてドキドキ・ワクワクする女性なら、男性は「誰にも渡したくない!」という気持ちになるものです。

そのためには、まず自分から歩み寄っていくことが大切。少しずつでいいので、自分の好意を彼にみせていきましょう。

恋愛は、待っているだけでは何も発展しません。彼とお付き合いがしたいのなら、自分からアクションを起こしてください。

デート中の行動やしぐさを意識すれば、きっとスムーズに交際をスタートさせられるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)