男性は好きな女性に対して、他の女性には見せない言動や態度で接するようになるもの。

もし気になる男性がいるのなら、あなたのことを異性として見てくれているのかは、まずは相手の態度や言動をチェックしてみましょう。

「好きな女性」と「女友達」に見せる言動の違いには、どんなものがあるのでしょうか?

男性が「好きな女性」と「女友達」に見せる違いとは?

2人きりになると変わる

好きな人と2人きり……。

そんな状況になったら、緊張度がかなり高まりますよね。それは、男性だって同じです。

友達としてしか認識していない相手であればそんな状態にはまずなりません。

しかし、好意を抱いているのであれば、やはり緊張で行動もどこかぎくしゃくしたりするでしょう。

2人きりになると急におとなしくなったり、変にカッコつけようとしたり、どことなくソワソワしていたり……。

いつもと様子が変わるのであれば、あなたを異性として意識しているのかもしれません。

逆に、2人きりになってもいつも通りだったり、無駄にあなたに気を遣ったりしない場合は、友達以上には見ていない可能性も高いです。

深い話をしてくる

男性は、友達同士だとふざけ合ったり他愛もない話をしたりして、楽しい時間を過ごしたいと考えるもの。

でも好きな女性に対しては、ただ楽しいだけではなく「もっと自分のことを知ってほしい」とか、「カッコイイ男だと思ってほしい」という気持ちも芽生えてきます。

だからこそ、自分の考え方や人生観、将来の夢など、「深い話」をする機会も必然的に増えてくるのです。

とくに、恋愛観や結婚観をよく語ったり、自分を良く見せようとするような話をすることが多いのであれば、それはもはやアピールのひとつでもあるのかもしれません。

用事がなくても連絡がくる

男性は基本的に、用事もないのに連絡をしたり、ムダに長電話やLINEで長い会話をしたりといったことはしないようです。

女友達に対しても、何か相談したいことや聞いてほしいことなどがあるのならまだしも、そういったことが一切ないのに連絡しようとは思わない人がほとんどではないでしょうか。

しかし、なんの用もないときによく連絡をくれるのであれば、それはあなたと話したいという気持ちの表れである可能性が高いです。

しかも、なかなか自分からは会話を終わらせようとしなかったりする場合は、なおさら好意が強いと考えられますよ。

「女性」として褒める

女友達のことを褒める際に、「女性」の部分を褒めることはなかなかありません。

ただの女友達に対して「その髪型似合ってるね」とか「今日のメイク可愛いね」などと言うことはまずありませんし、そもそも女性として見ていなければ、そういった感想も出てはこないでしょう。

女性として褒めてくるのは、一女性として好意を持っているという証でもあります。

もし、そのような褒められ方をしたら、友達以上の相手として認識していることは間違いないでしょう。

男性のサインを見逃さないで!

ご紹介したような言動を男性がとるのであれば、あなたに好意を持っている可能性はかなり高いです。

そんな男性の気持ちに気づかないままでいたら、せっかくのチャンスを逃すことにもなりかねません。

彼に好意があるのなら、しっかりとあなたの気持ちも示してあげてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)