元カレから「復縁したい」という連絡があった……そんなとき、あなたはどんな反応を示すでしょうか?

この記事を読んでくださっている方の中には、「ちょっとドキドキしてしまう」という方もいらっしゃるはず。

でもその一方で、お互いに状況も変化し「今更どうして?」と感じる方も多いのではないかと思います。

元カレから「復縁したい」という連絡があったときに取るべき行動を、まだ元カレを好きな場合、好きでも嫌いでもない場合など、パターン別に紹介します。

元カレから連絡!とるべき行動をパターン別に紹介

パターン1:元カレが嫌いな場合

元カレが嫌いな場合、復縁はありえないと考えるはずです。

もともと好きだった彼を嫌いと思うほどなので、よほどのことが2人の関係にあったのではないでしょうか。

それなのに復縁を申し込む元カレは、もしかしたらかなり粘着質なタイプなのかもしれません。

もし相談できる相手がいるなら、相談してみてもいいかと思います。

まずは、元カレとの連絡手段を断ってしまうことが大切です。

今もまだ近しい関係にある場合は、共通の友人や知り合いなどに話しておくといいでしょう。

パターン2:まだ元カレが好きな場合

元カレがまだ好きな場合は、元カレからの連絡はきっとうれしいはずです。

あなたに別の恋人がいなくて、はっきりとうれしいという気持ちがあるならば、すぐに連絡をとってもいいでしょう。

状況によっては、会う約束をしてもいいと思います。

しかし、考えなくてはならないのは、「一度別れた相手」だということ。

別れた原因や理由もあれば、今の元カレがあの頃の元カレと同じということもありません。

価値観や考え方そのものも変化しているかも。だからこそ、冷静になって判断すべきです。

この場合にベターなのは、いきなり会わず、元カレと別れた原因や理由をよく整理し、LINEなどでお互いに連絡を取り合うこと。

時間をかけてあなたが納得できるまでは、あまり深く考えずに会うのは避けたほうが無難です。

パターン3:元カレが好きでも嫌いでもない場合

元カレが好きでも嫌いでもない場合、もしいまお付き合いをしている相手がいないのなら、友達として会うのもいいのかもしれません。

友達としてまた関係が続いていけば、かつては気があった人でもあるわけなので、それなりに楽しい関係は築けるはず。

でも、あなたに今彼がいるのなら、復縁しない方がいいでしょう。

一度壊れた関係は修復するのは大変です。努力しても修復できない結果になることのほうが多いでしょう。

それならば、ほかのだれかとの新たな恋を大事に育んでいくほうがずっと前向きですし、あなたのためになるはずです。

過去も踏まえて見極める!

元カレの復縁の連絡は、状況をしっかりと見極めなくてはなりません。

元カレからの連絡は、本気の復縁もあれば、遊びや一時のきまぐれということもあるからです。

時間は意外と残酷で、元カレもあなたも知らないうちに変化していきます。

好きだったという気持ちだけで簡単に飛びつかず、過去に別れた事実を踏まえて、冷静に判断しましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)