結婚するなら、失敗はしたくないですし、できることなら離婚するのは避けたいですよね。

結婚してから相手の本性がわかったというのはよくあるパターン。

そのなかでもとくに離婚につながりやすいのは「モラハラ男」といえるでしょう。

今回は、実際に離婚を経験している女性の話からわかった、モラハラ夫になりやすい男性の特徴を紹介します。

気をつけて!モラハラ夫になりやすい男性の特徴とは

お金の管理をしてくる

結婚する前からお金を管理したがったり、口出しをしてくるような男性には注意をしたほうがいいでしょう。

お金の管理がしっかりしている男性は魅力的ですが、結婚したらすべての収支を指示される場合もあります。

筆者の友人は、結婚してからたとえプチプラの化粧品であっても買うのに夫の許しが必要になったと言っていました。

これが悪化すると、彼にとって無駄だと思うことは全て「無駄遣い」として扱われてしまう可能性もあります。

もちろん節約は大切ですが、すべてに口出しをされてしまうとストレスに感じてしまうでしょう。

人のせいにしたがる

仕事に対してあまりやる気がなく、いつも周りの愚痴や不満をいう男性は避けましょう。

そんな男性は努力をせず、人のせいにしたがる傾向があります。

結婚してからも「おまえのせい」「お前はちゃんとしていないのに」となんでも責めるような発言をする可能性が高いでしょう。

もし問題が発生したときには「結婚しなければよかった」と結婚したこと自体を後悔するような発言をするかもしれません。

自分のものに執着する

自分のものへの執着心が強い男性にも要注意。

そのような男性は妻や子供を自分の所有物のように扱ってくることがあります。

筆者の友人は、夫の束縛がひどく、なんでも管理されてしまい、自由に生活できなくなって、離婚を決意しました。

付き合っているときは嫉妬だと思ってかわいく感じていても、いざ結婚してみるとさらに自由を失って言いなりにされてしまう可能性もあります。

ストレスを溜めがち

モラハラになる男性は、ストレスを外で溜めがちで、限界まで溜めたストレスを身内に発散してしまうことがあります。

誰でも生活をしていればストレスを感じることはあるでしょう。

しかし、そのストレスをうまく発散することができないと、我慢に限界が来てしまいます。

趣味を持ったり、友人と一緒に息抜きできればいいのですが、それができない男性はストレスを妻にぶつけてしまうかもしれません。

違和感を感じたら注意

幸せな結婚生活を夢見ていたのに、いざ結婚してみたら彼がモラハラだったというのは避けたいですよね。

しかし、そんなモラハラになりやすい男性は結婚前でも見極められる可能性があります。

今回ご紹介した経験者の意見を参考にして、結婚をする前に彼の本性をチェックしてみてください。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)