今、意中の彼と相思相愛になれていますか?

なれていないからこそ、この記事を読んでくださっているのかもしれません。

かといって、「誰からも相手にされてないわけじゃない」という人も多いのでは?

「気になる彼には振り向いてもらえてないけど、どちらかというとモテる」という……。

でも、意中の彼以外の人にどれだけモテても、あまり意味がありませんよね。

そこで今回は、「気になる彼だけにモテるコツ」を伝授します。

ピンポイントにモテたい!「気になる彼だけ」にモテるコツ4つ

1.彼だけにお悩み相談をする

お悩み相談は、彼に意識してもらうきっかけ作りとしてとても有効な手段です。

女性の方は軽い気持ちで話したとしても、お悩みを相談すると、男性としては「自分が何とかしてあげなくちゃ!!」と全力で男性脳が働き出すもの。

そして、悩みを相談されると、ついその人のことが気になるものなのです。

気になる彼にだけ、相談や悩み・心配ごとなどを打ち明けることで、ぐっと2人の距離が縮まるかもしれません。

「あなただから話せることなんだけど……」と、「彼限定」であることをアピールしながら相談を持ち掛けてみましょう。

2.ボディータッチは「彼限定」にする

フレンドリーな人、フランクな人、誰にでも人当りの良い人などは、ボディタッチが多めですよね。

ですが、誰にでもボディタッチをおこなうのはNG!

「女性からの必殺技」ともいえるボディタッチは、気になる彼「だけ」におこなってこそ、真の効果を発揮するのです。

不特定多数の男性におこなってしまうと、せっかくの効果が薄いものになってしまいますよ。

誰にでもボディタッチをする女性は、意外に本気になってもらえないことが多々ありますし、それどころか、気の多い女だと思われることも……。

特定の男性にモテたいのなら、ボディタッチや触れ合いは禁止でいきましょう!

3.パーソナルスペースを縮めていく

恋人や家族との身体的な距離感は、0~45cm、友人は120cm以内と言われています。

この距離が近付づば近づくほど、親密度が増していきます。

つまり、気になる彼と親密になりたいなら、「いかにパーソナルスペースを縮めていけるか」がポイント。

無理のない範囲でさりげなく、彼との距離を近くしていきましょう!

ただこのテクニックも、ボディタッチと同様、彼だけにおこなってこそ意味があるもの。

不特定多数の相手とのスペースを詰めすぎると、勘違いが増えるのでNGですよ。

4.彼以外には「友達以下」で接する

好意を抱いていない男性に、用事もないのに会ったり、ダラダラとメッセやLINEに付き合ったするのはNG。

「既読スルーをせずに即レス」が習慣になっていると、関係性が親密になっていってる!と思わせて、ムダに期待させてしまう原因に。

また、「♡マーク」も勘違いを生みやすいので、使わない方が無難です。

八方美人や社交辞令はほどほどにして、できるだけシンプルに、用件のみにしておきましょう。

個人的な誕プレや、義理チョコを渡すのも控えたいですね。

気になる彼以外の異性との交友は、あくまでも「友達以下」のスタンスでいるのがコツです。

ピンポイントにモテよう!

ポイントは、彼に「あれ?俺ってほかの男と違う扱いされてる……?」と思わせること。

彼以外の男性に対しては、人として失礼がないように最低限の礼節を持った対応をしつつ、気になる彼には「特別扱い」をしてみましょう。

そうすることで、気になる彼にだけモテることができるはず!

ぜひ実践してみてくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)