はじめは「いいなぁ♡」と思われていても、接していく中で「ちょっとないかも」とガッカリされてしまうと、彼の恋愛対象から外れることがあります。

出会いがあるのに彼氏ができないという場合、もしかしたら接している中で彼をガッカリさせてしまっているのかも……。

では男性は、どんなことにがっかりしてしまうのか。

今回は、がっかりされちゃう女性の特徴をご紹介します。

一緒にいるとイライラする…男性に「ガッカリされちゃう」女性の特徴

純日本人なのに日本語がめちゃくちゃ

「少し前、好きになった女性があまりにも教養が低くてがっかりした。

純日本人なのに『こんにちは』を素で『こんにちわ』と勘違いしていたし、小学生が読める漢字ですら読めなかった……。
おバカな女性を可愛いと思うタイプじゃないから、ソッコー冷めました」(20代・IT)

おバカな女性を可愛い!と感じる男性もいますが、教養のない女性に全く魅力を感じないどころか、引いてしまう男性もなかにはいます。

より多くの男性に好かれたいのなら、知識や知恵や教養はあったほうがいいかもしれません。

マナーや礼儀を知らない

「元カノが、いい歳してマナーや礼儀を知らない人だった。

浴衣の襟が左右逆、エレベーターでボタンの前に立っても一切開閉ボタンを押さない、人の家に素足で上がる、食べ放題で食べきれないほどお皿に盛る……。
そんなことが多くて、一緒にいてため息が出てばかりだった。付き合いきれなかったよ」(30代・不動産)

一緒にいてなんか恥ずかしい思いをしたり、萎えることが多かったりすると切ないものです。

マナーや礼儀を知らないだけで、幼稚だと思われることもあるので、マナー本は1冊読んでみてもいいかも。

親になんでもやってもらっている

親になんでもやってもらっている

「役所の手続きとか、ネットの申し込みなどなど、いろんなことをお母さんにやってもらっていると聞きドン引き。
学生ならまだわかるけど、アラサーのいいオトナがまだ自立できていないとか、やばいよ」(30代・コンサルタント)

いい歳して親離れできていないのは、男性に「イタイ」と思われる可能性が高いです。

もう子どもではないので、自分のことはできるだけ自分でしましょう。

親との距離が近いだけで「あれ……?」と引く人も結構いるものです。

ファッション誌やマンガしか読んでいない

「接しているなかで、『なんかこの子、読解力弱いなぁ……』と感じて……。
本って読む?どんな本が好き?と聞いたら、胸を張って読書をしていると言ったが、読んでいるジャンルがファッション誌とかマンガだった。

ビジネス書とか専門書とか活字メインの本は、面白くないから読まないらしい……」(30代・接客業)

ファッション誌やマンガが好きでもいいのですが、それしか読まないとなると、なんか子どもっぽく感じるもの。

なかには、「向上心や学ぶ意欲がないんだなぁ……」と、だらけた印象を与えてしまう場合もあります。

無理にあれこれビジネス書を読む必要はないですが、知識を増やすためにも、たまには本を読むのもオススメ。

交際前は一発アウトになりやすい

一度相手をがっかりさせてしまったら、挽回するのは難しくなります。

とくに、交際前の時期はデリケートなので一発アウトになりやすいところが……。

今回ご紹介した内容に当てはまる人は、ふだんの言動を改めてみてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)