交際期間中は、人によっては「結婚に向けた準備期間」であることも。

とくに年齢を重ねていけばいくだけ、お互いに信頼できない人とは長くお付き合いしていけなくなってしまうでしょう。

男性はどんなときに「彼女は信頼できる」と感じるのでしょうか?

男性の意見を参考に、自分が成長できそうなポイントを探してみましょう。

男性が彼女を「信頼できる!」と実感する4つの瞬間

自分の支払いは自分でする

「男性が支払いをするもの、と考える女性もいますが、今の彼女は『2500円くらいかな?』『はい、600円!』など、自然にサッと出してくれます。お金に対する意識に関して信頼できますね。

でも、奢ってあげるというと素直に喜んでくれるところも好きです。『いいの?ありがと!』とお礼も言ってくれますし。加減がちょうどいいんですよね」
(34歳・男性・会社員)

自分が支払うべきお金は、自分で出す。

社会人として当たり前の意識があるだけで、男性から一目置かれて信頼されるでしょう。

もし奢ってもらえることがあれば、遠慮せずに喜んで受け取りましょう。お礼も忘れずに。

出してもらうのが悪いなと感じるのであれば、その場では遠慮せず、別の機会になにかを奢ってあげたり、彼の好きなものをプレゼントしたりしてみるといいですよ。

周りの状況をよく観察している

「彼女は小さな子どもやお年寄り、妊婦さんがいたときに、彼女はいち早くフォローしてあげられる人です。

『自転車きてるよ』『足元に気をつけてくださいね』など、常に周りが見えているので安心できますし、子どもができたときも安心だなと思いました」(29歳・男性・ドライバー)

周りが見えない人は、かわいいところもありますが、将来の結婚相手となると、少々不安が残ってしまいますね。

その点、周りが見れていれば「いざというときに頼ることもできそう」と思えるもの。

意見が合わないときも、冷静に話し合えると信頼を感じられます。

そんな彼女であれば男性も安心して、将来に向けて関係を築いていけますよ。

食事の管理ができる

「彼女の手料理、すごくおいしいんですが、それ以上に栄養バランスが完璧なんですよ。仕事が忙しいときは、お惣菜やお弁当を活用して、外食しないような心がけもしています。

力を入れるところと抜くところが絶妙で、尊敬できますね」(31歳・男性・自営業)

おいしい食事が作れるのはいいことですが、おいしいからといって、栄養バランスが偏っていると健康的ではありませんよね。

また自炊することや栄養バランスを整えることばかりにとらわれてばかりでは、息苦しくなってしまうでしょう。

将来のことや体のこと、仕事とのバランスも考えて食事を管理すれば、男性の信頼感をグッとアップできるはずです。

付き合った後も関係を急がない

「前の彼女は、付き合ったとたんに身体の関係を持ってしまいました。押されてしまって……。でも今の彼女はしっかりと、僕自身を知ろうとしてくれました。付き合ってから身体の関係になるまでに割と時間があったんです。

彼女に本気だったからこそ、そう思うのかもしれませんが、付き合っている事実だけで先走った行動をしない人のほうが信頼できる気がします」(27歳・男性・スポーツインストラクター)

たとえば、彼とのファーストキスがこれからという状況なら、あっけなくすぐしてしまうより、最初の瞬間を大切にしてほしいと感じる男性も少なくありません。

親密度は信頼関係と同時に、時間をかけて深めていくのが、より信頼されるコツ。

「まだだめー」「そういうのは大切にしたいの」と可愛く伝えれば、じらされている感じも好印象となるはずです。

信頼関係はゆっくり時間をかけて築くもの

信頼というのは「信じてるよ」という感情、言葉だけの問題ではありません。

必要なのはたしかな根拠。

それに相手の言動です。

日頃から「自分の行動の根拠」と「行動の結果どう思われるか」を考えながら、信頼される彼女を目指しましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)