年の差婚。芸能人などがよくしていると耳にすることも多いと思います。

最近では珍しくなくなってきた年の差婚。でも実際に自分が年の差婚について考えると、不安になるもの。

そこで今回は、歳の差カップルにありがちのことについて聞いてきました。

歳の差カップルにありがち?ジェネレーションギャップだと思うこと3選

体力の違い

「体力差は感じます。例えば、オールでデートとかは本当に嫌がられます。
『終電で帰って寝たい』みたいな。海とかに遊びに行ってもやっぱり落ち着いたデートになりますね」(Wさん・24歳女性)

年が違えば、体力も違いますよね。

その一方、同世代とはできないような落ち着いた雰囲気のデートを楽しめる。そんなメリットもあるそう。

お金が理由だと思われる

「歳が離れていると、普通に相手のことが好きだから付き合っているとは思われず、『どうせお金が目当てなんでしょ』みたいな感じで、打算があって付き合っていると思われます」(Aさん・26歳女性)

年の差婚は、周りから「お金目的」と思われがち。

しかも、数人なら気にならないかもしれません。ですが、多くの人からそう思われ、批判されることもあるのだそうです。

そんな人を相手にするのは疲れますよね。できるだけ避けたいところです。

食の違いがある

「食の好みが違うっていうのは実感します。
揚げ物とかの脂っこいものがダメだったり、自分よりも量を食べないこともあります」(Kさん・23歳女性)

年が離れれば、食の好みも違うもの。

食の好みをどちらに合わせるのかによって、お店のチョイスも変わってくるはず。

例えば、手料理を振る舞ったとしても、食べてくれないこともしばしばあるようです。

年の差も恋愛の材料にして楽しもう

年が違えば思い出も変わるもの。

話が合わないのなら、2人で新しい思い出を作る。

そして共通点を増やす。そんなお付き合いをするといいかもしれませんよ。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)