ケンカをしてカッとなると感情を抑えきれず、罵倒にも似たフレーズを言ってしまうこともありますよね。

怒りのままに本音では無い言葉を言ってしまい、その一言で別れにまで至るケースも少なくありません。

今回は、男性のプライドが傷つく絶対に言ってはいけない言葉を紹介していきます。

男性のプライドが傷つく!絶対に言ってはいけない3つの言葉

女々しい

「女々しい」と言われると、男らしくいたいと思っている男性はショックを受けます。

男性でも女性に近い考えを持っている人も多く、最近では多様性を認めるという点から性に関することは言わない方がベターです。

ケンカをしていても、女々しいというようなフレーズは使わないようにしましょう。

つまらない

「つまらない」は想像以上に男性を傷つける言葉で、人としての価値自体がないんじゃないかとまで思ってしまうこともあるようです。

話がつまらないのか、人間としてつまらないのか考え込む男性も中にはいます。

一言で片付けるのではなく、何がいけなかったのかなど具体的に説明できると良いですね。

キャパがない

キャパがないというのは、「キャパシティ(容量、収容能力)がない」という意味で使われることが多いです。

いっぱいいっぱいになっていたり、仕事ができない人に対して使用されますよね。

しかし、言われた側は「余裕がないと思われている」と感じて落ち込む人もいるでしょう。

もしこの言葉を使いたくなったら、「なにか手伝おうか?」と気遣うような言葉をかけてあげると良いですね。

男性を立てる言葉をかけよう

男性はプライドが高い生き物なので、上記のような言葉を言ってしまうと深く傷つける恐れがあります。

怒りが頂点に達すると言いたくなる気持ちもわかりますが、なるべく使わないようにしましょう。

相手を傷つけるフレーズを言うのではなく、ダメなことや伝えたいことを具体的に言ってあげると良いですね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)