どうして年下男子はあんなこと言うのかな?どんな意味があるの?

なんてソワソワしている女子も多いのではないかと思います。

ドラマなどでよく聞く言葉でも、それを年下男子が言うのなら特別な意味を持つこともあります。

今回は、年下男子が発する言葉の意味を分析します。

どういうこと?よく年下男子が口にする言葉の意味とは?

「若く見えます」

「オバサン扱いしていません」というアピールが濃厚です。

でも、わざわざそんなことを言われて、微妙な顔になる女子もいるはず。

「若く見える」という言葉は、「年を取っているのに」という言葉が隠れていると思われることも。そう思う男性は、ちょっと上から目線で「かわいいね」と言うときがあるみたい。

恥ずかしくても、「実は……」とカミングアウトはしないこと。男性を困らせるだけなので、口にしないようにしてくださいね。

「仕事できますもんね」

年下男子から「仕事ができますもんね」「頭いいなあ」と言われるとき。そんなときは、嬉しがっている場合ではないかもしれません。

この言葉の裏には「誘える気がしない」「厳しい」など、一歩引いた感じが見えます。

どちらかといえばあなたにツッコミを入れたり、同年代のように接してくる年下男子の方が、脈あり度は高めです。

「キレイです」

年下男子が「キレイですね」と言ってきた。これこそ脈アリでしょ!と思うかもしれませんが、いやいや。違うんです。

軽い気持ちで言う「キレイですね」。これは、そのままの意味なのです。

「キレイだと思ったから」にすぎないのです。

脈アリのように見える発言を口にする。そんな人も意外と多いんです。

「キレイ」は悪口ではないですし、お世辞でもありません。とりあえず「ありがとう」と返しておきましょう。

言葉の意味をしっかりとらえて恋愛に活かそう

ちょっと厳しい内容もありますが、年下男子の言葉に裏があったり、悪意で言ったりすることはそう多くありません。

「どういう意味なの?」といちいち反応せず、自由に話せるムードを作ることも大切。

年下男子とのコミュニケーションを増やして、沢山恋をしましょうね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)