モテる女性とモテない女性にはさまざまな違いがあり、その1つとして口癖の内容が挙げられます。

男性から見ると、口癖だけで「この子モテないんだろうなあ」と感じる発言があるそうです。

モテる雰囲気を出すためにも、口癖には注意しましょう。

今回は、モテない女性がよく言っちゃう口癖を紹介します。

モテない女性がよく言っちゃう口癖3つ

「でも・だって」

「なにか褒めても『でも〜』と返してきたり、なにかオススメしても『だって』と否定したりする人は、会話してて疲れますね。

何を言っても否定されている感じがして、会話も盛り上がりませんし」(22歳/大学生)

口癖って、自分では意外と気付かないものです。

否定しているつもりはなくても、「でも」や「だって」をよく使ってしまうと、相手に悪い印象を与えます。

言われた相手は、「俺のことを否定されている」と感じてしまうのです。

自分では気付きづらい部分なので、周りの人に「私って、『でも』とか『だって』ってよく言ってる?」と聞いてみましょう。

「どうせ男は〜」

「『どうせ男は裏切る』とか、『どうせ男ってだらしない』とか決めつける口調の女性っていますよね。

ああいう風に言われると男性も構えてしまうし、わざわざ誘おうと思わないですよ」(25歳/IT関係)

過去に恋愛で悪い思い出があると、「どうせ男なんて」と言っちゃうこともあるかもしれません。

でも、男性はみんな同じではなく、不誠実な人もいれば誠実な人もいます。

全ての男性を一律にするのは避けましょう。

同じく、「どうせ私なんて」という言い方も好ましくありません。

謙虚に見せたい女性がよく使いますが、言われた男性からするとどう返せばいいのか悩んでしまいます。

調べることもせずに「わからない」

「会話中にわからないことがあったとき、すぐに「わからないから教えて」と言う人いますよね。

そういう人って自分で何も考えずに聞いてくるので、教えてもすぐに忘れるんですよ。

『少しは自分で考えてから聞けば』と思います」(29歳/法律関係)

ちょっと検索すればすぐにわかるようなことを、面倒くさがって人に聞きすぎるのはNGです。

そんなことを繰り返していると、「付き合っても全部俺に押し付けてきそう」と思われてしまいますよ。

調べられることはある程度調べてから聞くほうが、聞かれたほうも楽しく答えられます。

自己評価を低くしすぎないこと

無意識に出てくる否定的な口癖は、自己肯定感の低さから来ているのかもしれません。

自分に否定グセがあると気付いたなら、もっと自分に自信を持ちましょう!

意識して直してみると、男性からのお誘いが増えるかもしれませんよ。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)