彼から押してこない。それは脈ナシだ。もう付き合えないよ……。

こんなあきらめモードに入りがち。そんな女子も多いのではないかと思います。

でも、彼があなたに積極的じゃない理由は、好意がないだけとは限らないんです。

そこで今回は、脈がないような男性の「態度」への対処法と、その理由についてまとめました。

どうして?男性からの脈がないような態度とは?

人間関係を気にする

何となく女子へのアピールをためらう。こんな男性も多いのです。その理由は、女子の周りの人間関係を壊してしまいそうだから。

「職場で噂が広まったらマズイ」などが代表的な例です。

その対策は、口の堅さをアピールすることなど。

口の堅さは特に重要です。たまには1人で行動し、うわさ話に加担しないなど、しっかりとした人のように見せるのも大切ですよ。

忙しすぎる

男性が積極的に押してこない理由は、「忙しすぎる」のが原因であることも。仕事などに追われてしまうと、恋愛の優先順位は下がります。女子はこのとき「私はどうでもいいってことだよね」と意地を張りがち。

でも、そんなときこそ彼に寄り添える人は、なんだかんだ恋をコントロールしているもの。連絡できる暇ができたとしたら、彼からの仕込みは必要となります。

避けたいのが、余計なメッセージを送って「連絡しにくい」と思わせること。このときは挨拶や「元気?」など、状況を尋ねる文章でもいいでしょう。

この連絡に返事がないからといって催促したり、怒ってしまうのはケンカのもとですよ。

ただ脈がないだけだった

これまではポジティブな理由を挙げてみました。ですが、ただ「脈がない」パターンもあります。

ちなみに、この場合の「脈なし」とは、好きだけど彼女にするほどでもない。好意に気づいていないなども含みます。

もし、あなた自身が嫌われていないと思うなら、まずは好意をチラ見せしてみましょう。いま脈がないのはどうしてか。それは挽回できるか。などなど、分かることも多いと思います。「一目惚れ」なんてことはほぼないでしょう。

状況は頻繁に変わると割り切り、好意を出してみるところからやってみましょう。

相手から来ないならこちらから行こう

彼の顔色を気にしすぎて、彼から見ると脈ナシに見えているのかもしれません。

もしどちらかが先に動いても、ハッピーになれる。それならそれでいいと思いますよ。

自分から来ない男には、こっちから押しましょう!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)