長く付き合っていても、なかなか結婚に踏み切れないと悩んでいるカップルには、なにか理由があるのかも。

この場合、男性だけに理由があるというわけではないようです。

今回は、じつは彼が不安に思っているかもしれない、「結婚を躊躇する理由」についてご紹介します。

不安を解消!3つの男性が結婚を躊躇する理由とは?

彼自身に自信がない

「5年付き合っていて、結婚したいと本気で思ってる彼女がいます。

でも彼女も結婚したいって言ってこないし、正直に言うと自分に自信がなくて、彼女にプロポーズできずにいるんです」(27歳/飲食店)

結婚に踏み切れない理由が、彼女側ではなく彼氏自身にあるパターンもあるようです。

とくに「男は一家の大黒柱として、家族を守るもの!」という昔ながらの考えを持っている男性にとっては、“結婚”の2文字が重くのしかかってしまうのだとか。

そんな男性には、彼女からのひと押しがあるとプロポーズに踏み切れるのかもしれませんね。

彼女のお金遣いが荒い

「付き合って3年の彼女は、デートの度に新しい服を新調するんです。しかも結構高い。化粧品も新商品が出るたびに買ってるし……。

本人は『彼女はキレイな方がいいでしょ?』って。でも、結婚となると話は別。今の調子で浪費を続けられたらと思うと、踏み出せない自分がいます」(27歳/アパレル)

容姿やファッションに無頓着な彼女よりは、いつもキレイにしている方が断然いいですよね!

しかし気合いを入れすぎるのも、考えものではないでしょうか。

オシャレにお金をかけられるのは独身まで、という意見もあります。

結婚するとなると、将来のことも堅実に考えていきたいと考えるでしょう。

そのため、オシャレや趣味などにお金をかけすぎる彼女に対しては、結婚に意欲的になれない男性も多いようです。

彼女の家事スキルが低い

「彼女は性格も良く、話上手でずっと一緒にいたいとは思うのですが、料理がめちゃくちゃ苦手なんです。おまけに掃除や洗濯も……。

自分が家事全般得意なら良いんでしょうけど。この状態で結婚したらヤバいよなって思っちゃうんです」(28歳/会社員)

ひと昔前は、女性に対して家事スキルを求める男性も多くいました。

また、最近では家事をこなせる男性も増えて、彼女ができなくても自分さえできれば大丈夫!という考えを持つ男性もいます。

しかし、カップルのどちらも不得意となると話は別です。

実際問題として、彼氏が結婚生活を送って行くことに不安を覚えることもあるようです。

躊躇するには理由があるかも

彼氏との結婚話が一向に進まないという状況が続いているなら、そこにはなにか明確な理由があるのかもしれません。

ダラダラとした関係を続けるのが苦手な女性は、思い切って彼氏の本音を聞き出してみてはどうでしょうか。

(愛カツ編集部)