名前のイニシャルには、宿命が刻まれています。

そんなイニシャル別に、前世から深い縁がある「ソウルメイト」のカップルを、ランキング形式で占います。

自分や相手のイニシャルがあるところを探してください。

例 フミ:「F」、ジュン:「J」

男女のイニシャルで占う・前世から深い縁がある「ソウルメイト」カップルTOP10

10位 名前のイニシャルがJの男性×名前のイニシャルがZの女性

……前世では夫婦だった

肌感覚がピッタリ合うJの男性とZの女性。

前世では夫婦だったようで、強い絆をもつソウルメイトカップルといえます。

縁はあっても、トラブルなく結ばれるというわけではなさそう。

しかし惹かれ合うと、困難を乗り越えてしまうでしょう。

9位 名前のイニシャルがHの男性×名前のイニシャルがFの女性

……イライラしながら惹かれてしまう

自分を曲げないふたり。

でも、お互いになぜ相手がそこにこだわるのか、どうしてそういう行動をするのかが理解できてしまうところが、ソウルメイトであるゆえんです。

イライラしながら惹かれてしまう、不思議な相性でしょう。

8位 名前のイニシャルがJの男性×名前のイニシャルがAの女性

……前世で先生と生徒

Jの男性は、Aの女性が迷える時に話を聞き、適切なアドバイスをくれる存在。

前世で先生と生徒のような関係だったようです。

現世ではかつての立場を越えて、ちょっと彼が上手ではありますが、夢を一緒に語りあえるソウルメイトカップルになりました。

7位 名前のイニシャルがYの男性×名前のイニシャルがRの女性

……前世が兄弟姉妹

不思議と同じチョイスをするなど、似た行動をとってしまうのが、Yの男性とRの女性。

しぐさなどもなんとなく似ているのですが、それは前世が兄弟姉妹のような関係だったからです。

お互いを察する力が強い、ソウルメイトカップルです。

6位 名前のイニシャルがYの男性×名前のイニシャルがAの女性

……前世では似た人生

イニシャルの波動が同じふたりです。

前世では、とても似たような人生を送っていたのでしょう。

同じ目的のために生きた仲間だったようです。

今は心から信頼できるソウルメイトカップルとして、縁を深く強く結んでいます。

5位 名前のイニシャルがWの男性×名前のイニシャルがRの女性

……波長が同じ

自然体で生きることをモットーにしているふたりです。

波長が同じことは、少し話せばすぐわかります。

出会ったその日に、子どもの頃の思い出から始まり、将来住みたい環境や家のことで盛り上がってしまうかもしれません。

魂の縁があるのです。

4位 名前のイニシャルがJの男性×名前のイニシャルがTの女性

……共通したコンプレックス

前世から続く縁の中で、Jの男性とTの女性は、共通したコンプレックスを抱えています。

今も、同じような悩みやストレス体験することになりがち。

同じ体験をするからこそ連帯感が生まれ、ふたりは本物のソウルメイトカップルになるのです。

3位 名前のイニシャルがGの男性×名前のイニシャルがSの女性

……前世は異性の友だち

イニシャルが紡ぐ運命がとても似ているふたり。

前世は、心から信頼し合える異性の友だちだったようです。

今はその関係が発展して、「親友にして恋愛の相手」というラブラブ・ソウルメイトカップルに。

ふたりとも、ヤキモチを焼いてばっかりかも。

2位 名前のイニシャルがKの男性×名前のイニシャルがRの女性

……言葉を越えて共鳴

感受性の強いところが共通点のふたり。

出会った最初から意気投合するものがあり、お互いに懐かしささえ感じるでしょう。

趣味も合う部分があり、言葉を越えて共鳴し合えるような感覚を味わえる……そんなソウルメイトカップルです。

1位 名前のイニシャルがEの男性×名前のイニシャルがSの女性

……強く思い合うソウルメイトカップル

癒し合う相性のEの男性とSの女性。

前世では、仕事上かなにかで必要不可欠な間柄だったのでしょう。

今は、お互いに守ってあげたい、何かしてあげたいと強く思い合うソウルメイトカップルに。

心地のいい関係をずっと続けていけそうです。

イニシャルをツテにして

言葉では説明できない、ソウルメイトの絆。

世の中に3人はいると言われていますが、世界は広く、出会うのもかなり難しいといえます。

カップルになれたとしたら、まさに運命でしょう。

イニシャルをツテにぜひ探してみてください。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)