いい感じだと思っていた男性が、ある日を境に急に冷たくなってしまった…という経験がある人も少なくないはず。

それはもしかしたら、男性を遠ざけるような行動をしてしまったせいかもしれません。

ついついやってしまいがちなその「アピール」が、せっかくいい感じだった男性を勘違いさせて、恋愛のチャンスを逃す原因になっているかも。

早速、どんな行動が当てはまるのかチェックしませんか?

「その話、今必要?」デート中、男性がムード台無しだと感じる女性の会話

そのアピールは逆効果かも…!男性を勘違いさせる行動3選

1.できる女っぽさを表す「忙しい」アピール

暇を持て余している女性だと思われるのが恥ずかしいという考えや、本当に忙しい日々が続いていることから、つい「忙しい」という言葉を口にすることが多くなっていませんか?

忙しい女性はなんだかできる女っぽさをアピールできるため、つい口にしてしまいがちですが、実はそれが大きな落とし穴かも。

あなたに好意を持っている男性が、あなたともっと親しくなれるきっかけはないかと模索しているときに「忙しい」と連発されると「これ以上近づくなというサインなのかな?」と自信をなくしてしまったり、

「本当に忙しそうだから、付き合うのは無理っぽい」と去って行ってしまったりする可能性があります。

本当に忙しくて恋愛をする暇もないくらい余裕がない場合を除いて、できるだけ「忙しい」アピールは避けた方がいいと思います。

2.ペースが安定したのにわざと返信を遅くする

もし、駆け引きのつもりで返信を遅くしているのであれば、それがかえって男性を遠ざける原因となっていることがあります。

特にお互いの連絡のペースが安定してきて、LINEでもいい感じの雰囲気ができている時に返信が遅いと、「自分に興味がなさそう」とか「迷惑なのかな?」とマイナスに捉えてしまう男性も多いみたい。

あなたに反応してほしくて連絡しているとさらにガッカリさせてしまうかもしれません。

「焦らされるとますます気になってしまう」とか、「手に入りづらい恋ほど、頑張り甲斐がある」と思っている男性ばかりではありません。

彼が適度にあなたに連絡してくれていると感じたら、返信はなるべく早めに返してあげてくださいね。

3.脈なしと思わせる「真面目」アピール

“尻が軽い女性”と思われたくないばかりに、必要以上に真面目さをアピールしてしまっていませんか?それが男性を遠ざける原因の一つになっているかも。

たとえば、男性がせっかくデートに誘ってくれたのに、「付き合ってもないのに男性と二人きりになるのはちょっと…。」と言ってカタいことを強調したり、

マッチングアプリなどで知り合って仲良くなった男性に対して、会わないと先に進めないのに「そんなにすぐに会ったり出来ない」と、何ヶ月も会うのを先延ばしにしたり……。

何でもかんでもOKしないところに最初は好感を持てるものの、真面目過ぎると「俺は、脈なしか」と勘違いさせかねません。

相手が誠実で真剣にあなたと向き合ってくれていることがわかれば、少しずつ隙を見せて誘いやすい空気感を演出するのも大切です。

変にアピールをせず恋のチャンスを掴んで

第一印象では気に入ってもらえることが多かったり、仲良くなるのは早いのに、なぜか急に冷めた態度をされたり離れて行ってしまう…。

こんな悩みがある人は、男性誤解させ遠ざけてしまう行動を取っていなかったか振り返ってみましょう。

お互いの信頼関係を築くためにも、変にアピールはせず、しっかりと恋のチャンスを掴んでくださいね♡

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)